2013年03月10日

【書評】相手が思わず心を開く!『たった1分で心をつかむ! しつもん会話術』 松田充弘

◆本日のオススメ!



◆ネタはいらない!魔法の質問!


本書はマツダヒロミさんの「質問を活用した会話術」の本です。

会話術というと、芸人さんのように楽しく、おかしく、よどみなく、
相手の興味をひくいうなネタを次々と繰り出す方法、といった
イメージがありますが、本書の内容はそれとはまったく異なります。

どちらかというと、自分は話さず、相手に話しをさせることで、
相手を満足させる、というやり方です。

当然、相手が勝手に話し出すことがありませんので、
その糸口をこちらからの質問によって引き出してあげる、
というところがポイントとなります。

その結果、上手に会話を進めようとする努力は必要なくなります。

例えば会話で「しなくていい7つのこと」はこんな感じです。

(1)話をしなくていい
(2)理解しようとしなくていい
(3)ぜんぶ聞こうとしなくていい
(4)ネタを集めなくていい
(5)台本を準備してもとらわれない
(6)がんばらなくていい
(7)期待しなくていい

これで本当に会話が上手になるの? 本当に相手の心がつかめるの?

実は、この7つのことを裏返しにすると、会話をうまく進めたいと
思っている多くの人が考えていること=うまくいかないことになります。

・どんどんおもしろい話をして盛り上げなければ
・相手の意見や考えをしっかり理解しなけば
・せっかく話をしてくれるんだから、一言も洩らさず聞かなければ
・話題に困らないようにネタを仕込まなければ
・スムーズに会話を進めるために、話の流れを予習しておかなければ

マツダさん曰く「これらはすべて誤った努力だと考えています」。
なぜなら、何年か前までの自分自身が、こうしたことを考えていたからです。

元々、話すのが苦手だと自覚していたマツダさんは危機感を持ち勉強したそうです。
スピーチの本や会話術の本を沢山読み、紹介されているテクニックを
真似して練習したけれども、なかなか「うまくいかない」という状況。

そこで、別の方法を模索した結果、たどり着いたのが「話さない講演」。
つまり、「しつもん」を最大限に使う方法です。
今では「質問家」の称号を得て、NHKでも取り上げられたそうです。

こうした経験からわかったことは、人は話したいということです。

自分が話そうとせず、相手に話してもらう。
そのきっかけをつくる問いかけ=しつもんを意識する。

これが「たった1分で心をつかむ」ための大事なポイントなのです。

ということで、本書で伝えたい内容は、「話さない力」を身に付ける、
ということ。

本書は、普段の会話に苦手意識を持ち、できる人の会話術の本を読んでも、
どうも自分にはできないと感じている方の読んで欲しい内容です。

本書の内容も、人により合う、合わないがあるとは思いますが、
逆転の発想で、こんな考え方とやり方がある、ということを学ぶ
だけでも、面白い内容の本だと思います。

◆アマゾンの内容紹介から ↓

苦手な「雑談」も、気まずい「沈黙」も、相手が自然にしゃべり出すから怖くない。
ネタはいらない。相手が思わず心を開く「魔法の質問」が満載。

「面白い話なんかできないし、雑談が苦手……」
「沈黙してしまったら気まずいなぁ……」
会話が得意でないと感じている人の、こうした悩みは本書で解決できます!

コツは、相手が思わず話したくなる“問いかけ=しつもん"をすること。
ムリして話さなくていいし、ネタ集めだって必要ない。
だから、だれでも簡単に身につけられます。

たとえば、初対面では、「週末はいかがでしたか?」などの
“人にフォーカスした"しつもんをする
また、「わからない」とひと言で会話が終わってしまう無口な人には
「○○と△△と××なら、どれがいちばん近いですか?」と選択肢を
入れてみるなどなど、仕事やプライベート、あらゆるシーンですぐに
使えるしつもんを豊富に紹介しています。

本書の「しつもん会話術」を身につければ“話しベタ"なあなたでも、
あっという間に心をつかむ会話ができるようになる!



◆目次メモ


第1章 しなくていい7つのこと―まずは会話が苦手な自分に問いかけよう
第2章 話しやすい人と思われるコツ―相手のメリットを意識してみよう
第3章 これだけで初対面でもあわてない!―今日から使えるきっかけしつもん
第4章 自然に相手との関係を深める!―さりげなく心をオープンにさせるしつもん
第5章 ムリなく輪のなかにとけこめる!―人の集まりが楽しくなるしつもん
第6章 怖そうな人とも上手につき合える!―苦手なままでもしっかり会話できるしつもん

◆著者の履歴 松田充弘[マツダミヒロ]


質問家。「魔法の質問」主宰。日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー。質問を投げかけ、参加者が答えるスタイルの「魔法の質問ライブ」を軸に、日本全国・海外で行う講演は年間200回以上。NHKでも取り上げられた「魔法の質問学校プロジェクト」では、ボランティアで全国の学校へ行き、子どもたちに魔法の質問を体験してもらっている。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 魔法の質問のマツダミヒロ事務所株式会社


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆合わせて読みたい本はコチラ



売り上げをもっと伸ばしたい、スタッフのやる気を引き出したい、
課題を解決したい、今の閉塞した状況を打破したい──。
『しつもん仕事術』は、こんな悩みを抱えるビジネスパーソンをサポートし、
「正しい答え」へと強力に導きます。

「正しい答え」は「正しい質問」から生まれます。
そして、答えは「外」にはありません。
もっと自分に、社員に、持っているリソースに、そして顧客に目を向け、
「正しい質問」を投げかけていくと、
さまざまな「気づき」が生まれ「正しい答え」への誘導が始まります。
気づきが増えることで、意識が変わり、人間関係が変わり、仕事力が劇的に伸びる。

本書『しつもん仕事術』には、質問のプロである松田充弘からあなたへ
約100種類の「しつもん」があります。
これに答えていくだけで、
ビジネスに役立つ、さまざまな能力を
自分に最も合った形で、無理なく身に付けることができます。
ビジネスの最前線で日々奮闘されている方々に最適の1冊です。

では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

【書評】じっと待っていても、いい仕事はこない!『「自分を売り込む力」のつくりかた』 高城 幸司

◆本日のオススメ!


「自分を売り込む力」のつくりかた 最高の結果を出す新しい営業の技術 (現代ビジネスブック)
「自分を売り込む力」のつくりかた 最高の結果を出す新しい営業の技術 (現代ビジネスブック)高城 幸司

講談社 2012-10-31



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆いい仕事をゲットする自分の売り込み方!


著者の高城幸司さんは、リクルートに入社。
同社で6期連続「最優秀営業」受賞の記録を持ち、数々の新規事業の
立ち上げに参画。さらに、起業独立情報誌「アントレ」を創刊、事業
部長と編集長を9年間務め、同誌を成功導く、といった経歴の持ち主です。

現在は、セレブレイン社を創業、経営戦略コンサルタント、起業コンサル
タントとして活躍されています。

そんな高城さんが、自分で自分のポジションを確保し、いい仕事や、
やりたい仕事を勝ち取っていく「自分で自分を売り込む営業力」について
語っているのが本書です。

今の時代、「言われたことをきちんとやるのが仕事だ」と受け身の姿勢で
考えるようになると危険な状態です。それが許されるのは新入社員だけ。

そうではなく、自分で判断し、創意工夫することが求められ、いい成果を
出して、大きな自信と達成感につながるようもっていく必要があります。

そうやっていい仕事をした結果、さらに次のいい仕事がやってくる。

まさに「仕事の報酬は仕事」という好循環が生まれ、給料が上がる前に
もっと難しい仕事、もっと期待値の高い仕事がやってくるのです。

しかし、じっと待っていても、いい仕事は来ません。
それなりに、自分を売り込むことが必要なのです。

今後、次のような二極化がますます進むことが予想されます。

・どんどん仕事が集まって嬉しい悲鳴を上げる人
・閑古鳥が鳴いてしまう人


座して待つのではなく、自らの魅力、やりたい事を社内で売り込んで
いく「自分を売り込む力」が絶対に必要な武器になるのです。

ただし、「がんがんアピール」「根性営業」は、もう効果がありません。
逆に、煙たがられたり、嫌われたり、で逆効果です。

いかに自然に、さりげなく、効率的に自分を売り込んで仕事につなげるか。
超多忙な相手に短時間でアピールし、記憶してもらうには何をすべきか。

そのざまざまな知恵と技術を、本書でわかりやすく解説しています。
このノウハウは、会社では誰も絶対に教えてくれない内容です。

しかし、これからの時代を生きるすべてのビジネスパーソンにとって、
必須の武器になるものでしょう。

「したたか」に「自分を売り込む力」を実践し、
自分の将来を、自分ので手でつかみとって行きましょう!


◆アマゾンの内容紹介から ↓

あなたは「覚えてもらえない人」になっていませんか?
1分間で相手の心に飛び込む方法、教えます!

 「直球アピールではなく、何気ない言葉やしぐさを活用しよう」
 「印象のない人より、印象の悪い人の方がいい」
 「アピールすべきは『能力』『意志』『条件』の3点のみ」
 「互いに逃げられない関係を作ろう」
 「超多忙な相手に売り込むにはとっておきの秘訣がある」
 「カギは『控えめな図々しさ』にあり」

……などなど、
いちばん効果的に自分を売り込むための新しい戦略と
スキルを、営業と人材育成のカリスマが教えます。



◆目次メモ


はじめに いい仕事をする最大の条件は「自分を売り込む営業力」だ
第1章 まず「自分の看板」を作って掲げよう
第2章 嬉しい悲鳴を上げる人、閑古鳥が鳴く人
第3章 謙遜しながら、キラリと光るところを見せる
第4章 「自分はどの場面で使えるのか」をアピールする
第5章 相手へのインプットはくどいほど具体的に
第6章 「悪印象の人」は「覚えてもらえない人」に勝る
第7章 接点を探して「互いに逃げられない関係」になる
第8章 あなたの「こだわり」を、プロは一番厳しく見ている
第9章 フリーエージェントの時代、「自分を売り込む力」は最強の武器
第10章 1分間でキーパーソンに売り込む技術
第11章 最後は相手の琴線に触れれば、すべてうまく行く

◆著者の履歴 高城 幸司(たかぎ・こうじ)


経営コンサルタント、人事戦略コンサルタント。(株)セレブレイン社長。
1964年東京生まれ。87年同志社大学卒(在学中に上海交通大学留学)、リクルート入社。同社で6期連続「最優秀営業」を受賞し、最高の営業マンとして注目を集める。同時に、情報通信ビジネスからネット事業まで数々の新規事業のスタートアップの責任者を務め、軌道に乗せる。
96年、起業独立情報誌『アントレ』を創刊、事業部長と編集長を9年間務め、同誌を成功に導く。
05年、セレブレイン創業。人材戦略、新規事業開発、営業力強化、次世代リーダー育成などを中心に多くの企業のコンサルティングに携わる。
著書に、10万部のベストセラーとなった『営業マンは心理学者』(PHP研究所)や、『できる人の超・仕事術』(中経出版)、『上司につける薬』(講談社現代新書)、『仕事ができる人の魔法の口ぐせ』(PHP研究所)、『リクルートで学んだ「この指とまれ」の起業術』(日本経済新聞社)、『仕事は上司との関係が9割!』(マガジンハウス)などがある。
世界中の酒に詳しく、利き酒師、焼酎アドバイザー、ソムリエの資格も持つ。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> セレブレイン高城幸司のブログ

◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆合わせて読みたい本はコチラ


入社1年目から使える「評価される」技術
入社1年目から使える「評価される」技術横山 信治

かんき出版 2012-11-21



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨日よりたった数回、「評価される」技術のアクションを
増やすだけで、人生が大きく変わる!

「一生懸命努力しているのに、まわりがわかってくれない……」
「結果を出しているつもりなのに、褒められない、給料が上がらない」
「同期入社の人が、なぜか自分より先に出世している」

本書は、日々このような悩みをお持ちのあなたにおすすめです。

どれほどの努力をして実績を残したところで、
まわりから「評価される」ことがなければ、
どんな努力も水の泡となります。

組織内における「評価」とは何か?
「評価される人」になるにはどうすればいいのか?
具体例を踏まえ、その原理原則から複雑多岐にわたる
コミュニケーションの問題までわかりやすく解説。

会社人生、はては世の中で成功するために
不可欠なノウハウが満載の一冊!!

では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

【書評】身に付けよう、ネット護身術!『ソーシャルリスク』小林直樹

◆ソーシャルリスク


◆ネットで炎上を起こさないための処方箋!


先著 『ソーシャルメディア炎上事件簿』 の続編です。
先回は「炎上案件」に焦点を当てた内容でしたが、
今回は「では、どうしたら良いのか?」という解決策に
重点を置いた内容となっています。

内容は、日経BP社の「日経デジタルマーケティング」の定例コーナー、
「失敗に学ぶ」がベースとなっていますので、どれも架空の話しではなく、
実際に起きた問題を取り上げ、どうすべきなのかを教えてくれます。

まずは、企業の広報、危機管理に携わる方には、必読の書と感じました。

では、一般個人や社員の方は関係ないかというとそんなことはありません。
ツイッターやフェースブックでの不用意や発言が炎上し、個人や所属先
が特定され、後戻りできない状況になる危険性が存在します。

では、どうしたらよいのか?

本書では、企業のソーシャルメディア担当者向けに13個、
一般個人の利用者向けに18個、計31個のソーシャルメディアの
ルール(ガイドライン)が提示されています。

加えて、なぜこの「掟」(ガイドライン)を守る必要があるのか、
守らないとどんな危険が潜んでいるのかを、
実際の炎上トラブルを交えてわかりやすく解説しています。

さらに、それでもトラブルが起きてしまった場合の対応が、
Q&A形式でまとめられています。

会社内で注意を呼び掛けるだけの対策や研修では、今や不十分。
他人事ではなく、自分自身を守るためという認識が必要です。

企業がデジタルやメディアを活用して、積極的に「攻め」るためにも、
同時に、「守る」ためのリスク対策を固めておく必要があります。
最低限、企業は、ルールの設定と社員への徹底が必須です!

ご参考に、個人向けのルールをいくつか紹介します。

 ・失言を防ぐために、例えば「飲んだらつぶやくな!」
 ・居合わせた他人の勝手な撮影や発言内容の公開、それはマナー違反
 ・家族が相手でも、仕事の守秘義務は守ろう
 ・ツイッター鍵付き(非公開モード)でも投稿画像も非公開とは限らない
 ・勤務先で不祥事発生、勝手に反論すれば自分が傷つく、会社も傷つく
 ・盗撮してさらせば、ブーメランになって返ってくる
 ・「・・・なう!」むやみな位置情報の公開は慎重に
 ・就業時間中の私的投稿、実はその私語、外から丸見えです

みなさんも、くれぐれも、ご注意の程!

◆本日のオススメ!


ソーシャルリスク
ソーシャルリスク小林直樹 日経デジタルマーケティング

日経BP社 2012-06-25



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

Twitterなどソーシャルメディアの炎上トラブルから、
会社、そして自分を守りたい方、必読の書!

過去の炎上事例を実社名で紹介しながら、社員向け教育研修
でそのまま使える「31のルール」を徹底解説する。

ソーシャルメディア・ルール(ガイドライン)の
サンプル(12カ条)も収録した。

炎上など「ソーシャルリスク」を知らずして、
攻めのソーシャルメディア活用はもはや不可能。

企業のマーケティング、広報、総務・危機管理、人事部門は
もちろんのこと、従業員としての“ネット護身術"として
知っておきたいソーシャルメディアのルールブック!



◆目次メモ


第1章 まず、先進企業に学ぶ
第2章 ソーシャルメディア・ルール―企業編知っておきたい13項目
 暴走ツイート防ぐには「現場丸投げ」「管理者不在」の回避を
 「炎上マーケティング」に際立った成功例なし
 いつしか忍び寄る「やらせ」支援会社、バレた時のリスクが高すぎる
 「ウチの会社は大丈夫」、でも取引先がやらせに手を染める恐れあり ほか
第3章 Q&Aで理解するソーシャルリスク
 「炎上」が起こりやすい業界というのはホントにある?
 興味はあるが炎上が怖い、そんな会社は手を出さないのが得策?
 おわび文をWebに公開したい、よい例、悪い例を実例っで教えて
 有事のための「シャドーサイト」って何? ほか
第4章 ソーシャルメディア・ルール―個人編知らないと損する18項目
 後を絶たない顧客情報の漏洩・悪用、他人事では決してない
 来店した有名人の陰口投稿、本人気付かなくともファンが見張り
 悪ノリ・悪ふざけ投稿は、想定外の騒動に発展へ
 ソーシャルメディアはケンカする場所にあらず ほか
理解度チェックテスト
 自社商品について勘違いしている投稿を発見。あなたならどうする?
 飲み会に出席、後日「また、飲みに行こう」と伝える適切な方法は?
 4つの場面でのソーシャルメディアの正しい使い方?

◆著者の履歴 小林/直樹[コバヤシナオキ]


早稲田大学政治経済学部卒業後、1994年日経BP社入社。
「日経ネットナビ」「日経ビジネスアソシエ」の創刊、編集などを経て、
2007年「日経ネットマーケティング」(現・日経デジタルマーケティング)
創刊に参画、現在、同誌記者。

◆日経の『公式ブログ』はコチラ


>> 日経デジタルマーケティング


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ


フェイスブックが危ない (文春新書)
フェイスブックが危ない (文春新書)守屋 英一

文藝春秋 2012-06-20



Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「実名登録」を原則とする「フェイスブック」が大人気を博している。
世界で9億人、日本での利用者も1000万人を突破したという。
ただ、気をつけなければならないのは、安心感と裏腹にある負の側面。
プライバシーの流出やサイバー犯罪をはじめとした被害が広がり、海外では、
殺人事件にまで至った例もあるという。

日本IBMの「シニア セキュリティー アナリスト」で、経済産業省、警察庁等
の設置した機関の構成員も務めるセキュリティーの第一人者が、安心して使う
ための実践的なノウハウを伝授する。

では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 15:10| Comment(1) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

【書評】『笑いの凄ワザ』仕事が変わるコミュニケーション・スキル 殿村政明

◆笑いの凄ワザ


◆「賢いアホ」になれる人ほど仕事はうまくいく!



ビジネスにもなぜ「笑い」が必要なのか?

それは、仕事や笑いやユーモアのエッセンスを取り入れることで、
コミュニケーションを円滑にして、仕事も人生もハッピーになって
もらうためです。

具体的な効果としては、「笑い」があれば、親近感を持ってもらう
までの時間を一気に短くすることができます。

そして、相手の心を少しずつではなく、いっぺんに開いてしまうこ
ともできるのです。

でも、「お笑い」のセンスやテクニックは超難しいのでは、と
思ってしまいますが、そもそも「お笑い」と「笑い」は、別モノ!

「お笑い」とは、お金を払って聴いてくれる人を、いかに笑わして
帰ってもらうか、ということ。

それに対して「笑い」とは、ビジネスコミュニケ−ションとして、
使われるものなので、基本的に「ユーモア」を伴う「笑い」です。

その「笑い」は、センスはなくても、スキルなので、誰でもが身
につけることができるそうです。

でも、元芸人である著者から見ると、多くのビジネスパーソンに
共通して欠けているものがあるそうです。

それは「人間力」。これが基礎にないと、難しい!

つまり、相手のことをよく思いやって本音で付き合うこと!

返事、挨拶に始まり、相手と本気でコミュニケーションを取る気
があるかどうか。相手を気遣う気配りがあるかどうか。

まず、これらの基礎ができてはじめて、「笑い」の段階に入れる
そうです。

でも、その基礎とは、返事をする、大きな声で挨拶をするといった、
その気さえあれば直せる部分だから大丈夫です!


笑いのテクニックを生きたものにするために、そのベースとなる
人間力が必要です。
(P8)


仕事における「笑い」は、単なるテクニックでも、ただふざける
ことでもありません。それは、相手を思いやる気配りあふれた行為
なのです。そいう意味で本書は、「笑いのスキル」をテーマにしつつ、
実は「気配りの教科書」
でもあります。(P207)

ということで、みなさんも本書を読んで、
「仕事も人生も笑いで充実!」を目指してみましょう!


◆ウラ表紙の言葉より

こんなあなたに読んでほしい!

気の利いた一言が浮かばない。
会話がすぐ途切れてしまう。

お客様の心がつかみたい。
スグに仲良くなりたい。

分かりやすくて、
面白いプレゼンがしたい。

明るく営業成績をあげたい。

ピンチを笑いでしのぎたい。

会社の重いムードをなんとか変えたい。

笑いのセンスはなくてもスキルは身につく
誰でもマスターできる「秘訣」を一挙公開


◆本日のオススメ!


笑いの凄ワザ
笑いの凄ワザ殿村政明

大和出版 2011-12-09



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

営業・プレゼン・交渉・接客・職場の人間関係、
「賢いアホ」になれる人ほど仕事がうまくいく。

1万人をスキル・アップさせた伝説の講師が伝授。

吉本芸人からトップ営業マンを経た後、笑いの研修「笑伝塾」
を主宰する塾長が、
基本スキルであるツカミ、ネタフリ、オチ、テンドンをベースに、
初対面のビジネストークからプレゼンまで、
誰でも活用できる笑いのテクを一挙公開。



◆目次メモ


まえがきに代えて ビジネスになぜ“笑い”が必要?
プロローグ 笑いは大人の上質な気配り
 笑いは相手の心だけではなく自分の心まえ開いてくれる
 笑いはスピードコミュニケーシションの武器
 笑いのスキルがあればイケメンにも勝てる!

講座1 笑いを支える人間力 賢いアホとほんまのアホ
 「笑いのチカラ」の土台、コミュノケーション能力テスト
 座っているだけで愛されるのは映画スターとパンダだけ
 自分だけの興味や笑いのツボで話すのはアウト ほか

講座2 笑いの気概と心構え 心のカラを破ってナンボ!
 プラスの想像力でデキるようになった自分をイメージ
 語意を「たずねる言い方」にしてみる
 1か月に10人に会う「声掛け運動」 ほか

講座3 笑いで極める仕事力 ツカんで、ボケて、ツッコむ!
 ボケは「変化球」、ツッコミは「放っておかない愛情」
 「ツッコミ+いじり」で相手の魅力を引き出す
 プレゼンの極意。YESと言わせて、次のはNO! ほか

講座4 笑いが生み出す突破力 場の空気が一気に変わる
 シーンとして固まった場を好転させる「空気悪っ!」
 「怖い上司」の心をどうツカむ?
 相づちを意識した電話やメールの文面を作ろう ほか

講座5 笑いで磨け!自分の流儀 仕事も人生も自由自在!
 決まりきったフレーズを自分流にくずしていく
 今田耕司さんに学ぶ、思いやりのリセット術
 「伝える」ためにもっとジェスチャーや擬音を使おう ほか


◆著者の履歴 殿村政明[トノムラマサアキ]


「笑伝塾」塾長。(株)ヒューマンコメディックス代表取締役社長。
1968年兵庫県明石生まれ。19歳で「オール阪神・巨人」に弟子入り。
その後、吉本総合芸能学院(NSC)に11期生として入学、「心斎橋2丁
目劇場」で5週連続勝ち抜いて吉本興業の所属タレントになる。
同期は陣内智則、中川家、ケンドーコバヤシなど。コンビ解散後、
ハウスメーカーの営業となり、入社3ケ月で全社売上げトップに。
この時「笑い」の威力を実感。28歳で独立開業。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 笑伝塾|笑いを科学した実践型コミュニケーションスキルアップ研修 


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ


一瞬で相手の心をツカむ!笑いのスキルで仕事は必ずうまくいく
一瞬で相手の心をツカむ!笑いのスキルで仕事は必ずうまくいく殿村 政明

小学館 2010-05-11

元吉本興業所属のお笑い芸人で、現在は、ビジネスパーソン向けの
コミュニケーションセミナー『笑伝塾』を実施している著者が、
会話で使える「笑いのスキル」を紹介します。
「ツカミ」「ボケ&ツッコミ」「アクション」「喩え力」「ネタ作り」「プレゼン力」の6つに
笑いのスキルを分解し、誰でも身につけられる方法で解説。
売り込みトークに今ひとつ自信がない営業マン、会話がとぎれがちな接客業の人、
会社の雰囲気を良くしたい人など、コミュニケーションに悩みを抱く人に向けて、
相手の心の壁を取り除く笑いの技術を大公開します。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ

posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする