2009年12月03日

「1日10分」でスピード脳に生まれ変わる―「知的生産力」が無限大になるいちばん簡単な方法 苫米地英人

◆「1日10分」でスピード脳に生まれ変わる



◆なりたい自分になる最短の思考法!



速読する方法は、単純に本を読む速度を毎日2倍にしていくことです。

64倍くらいまでは簡単にできるようになります。

この本でいえば、1,2分で読める速度で書いています、とのこと。

(マジですか?)


◆本日のオススメ!


4781602290「1日10分」でスピード脳に生まれ変わる―「知的生産力」が無限大になるいちばん簡単な方法 (East Press Business)
イースト・プレス 2009-08-19

by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

世界が注目する「機能脳科学者」の最新ノウハウを、
誰でも、毎日、気軽に実行できるトレーニング法に凝縮!
「なりたい自分」になる最短の思考法!IQ“測定不能”の
苫米地氏が秘伝のトレーニングを初公開。


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆著者の公式ブログはコチラ


>> ドクター苫米地ブログ 


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 苫米地英人|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆パワーブロガーの書評はコチラ


>> 『「1日10分」でスピード脳に生まれ変わる』|

まず、どんな本なのかと言うと・・・

「誰でも簡単にできるスピード脳のつくり方」ということで、10分でできる秘伝のトレーニング法が載っています。



「スピード脳」とは、同時にいくつものことができる脳、回転が速い脳のことを言っています。

脳の機能に働きかけることで、「1日の仕事が3時間で終わる」。

これは魅力的ですよね。

今、毎日夜中までパソコンにへばりついていても、いっこうに仕事が終わらない私にとって、ノドから手が出ますよー。

本来、脳は同時にいくつものことをできる力を持っているそうです。



◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。





◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!




人気ブログランキングへ ■応援!

続きは ↓
【続きを読む】 はコチラ
posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳科学・脳トレ・脳本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

奇跡の脳 ジル・ボルト・ティラー 竹内薫(訳)

◆奇跡の脳



◆実録、脳科学者が脳卒中に!



ある朝、ハーバードの第一線で活躍する女性脳科学者を脳卒中が襲う。

徐々に左脳が破壊され、歩くことも話すこともできなくなり、
人生の記憶すらもが遠のいていく。

奇跡の再生を遂げるまでの八年間の苦闘を通して、
脳に秘められた可能性と神秘を自らが解き明かす。

脳科学者の私の脳が、壊れた。
再生をもたらしたものは何だったのか?


アメリカで50万部の大ベストセラーとなった超話題作!


◆本日のオススメ!


4105059319奇跡の脳
Jill Bolte Taylor
新潮社 2009-02

by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

統合失調症の兄を持った「わたし」は、小さい頃から脳に興味を抱く。
同じものを見て、どうしておにいちゃんとわたしは反応が違うの?
努力の末に脳科学の専門家となり、ハーバードの第一線で活躍する
わたしは、誰よりも脳について知っているはず、だった―。

1996年のある日、37歳で脳卒中に襲われ、生活は一変する。
左脳の機能が崩壊し、言葉や身体感覚だけでなく、
世界の受け止め方までも変わったのだ。
体力の補強、言語機能を脅かす手術、8年間に及んだリハビリ。
そこでわたしが得たものとは、何だったのか。
脳卒中になりうるすべての人に―。


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆著者の紹介ページはコチラ


>> 奇跡の脳|薫日記


◆著者の公式ブログはコチラ


>> 竹内薫 オフィシャルサイト 


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 竹内薫|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆ジル・ボルト・ティラーの講演映像はコチラ


>> Talks Jill Bolte Taylor's stroke of insight



◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。





◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!




人気ブログランキングへ ■応援!

続きは ↓
【続きを読む】 はコチラ
posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳科学・脳トレ・脳本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

記憶力を強くする - 最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方 池谷裕二

◆記憶力を強くする



◆記憶の仕組みと鍛え方!



がむしゃらに勉強するのは、けっして脳に良いことではない。

脳は脳なりの、効率的な学習方法がある。

脳の仕組みを理解すれば、答えは自然と見えてくる。

では、科学的に、記憶力を鍛えよう!



◆本日のオススメ!


4062573156記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方 (ブルーバックス)
講談社 2001-01

by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

解き明かされる記憶力の秘密
神経科学の目覚ましい進歩によって脳の記憶の実体がついに見えてきた。
記憶力を高める「夢の薬」を研究する著者が、
LTPやシナプス可塑性などの最新理論を解説しながら、
科学的に記憶力を高めるための具体的な方法を紹介する。


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆著者の公式ブログはコチラ


>> 池谷裕二 のホームページ(Yuji Ikegaya's Homepage) 


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 池谷裕二|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆パワーブロガーの書評はコチラ


>> 記憶力を強くする|弁護士会の読書

努力と成果は比例関係にあるのではなく、累乗関数の関係にある。
いまは差があっても、努力を続けていれば、いつか必ず天才たちの背中が見え、
そして彼らを射程距離内にとらえることができる。
こうした成長パターンを示すのが脳の性質である。
たとえ効果が目に見えなくとも、つかえばつかった分だけ着実に、
能力の基礎が蓄積されていく。私も、ときどき悲観しそうになります。
いつになったらフランス語がペラペーラと話せるようになるかしらん・・・、と。



◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。





◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!




人気ブログランキングへ ■応援!

続きは ↓【続きを読む】 はコチラ
posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳科学・脳トレ・脳本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

「やわらか脳」をつくる11のこつ 石浦章一

◆「やわらか脳」をつくる11のこつ



◆えっ!自分の性格を変えられるの?



最新脳科学で解き明かす、性格を自由に変える方法を紹介!

脳を変えれば、性格が変わる! 性格を変えれば、考え方や行動が変わる!

自分という人間を、自分で変えていくことができる。


まずは、自分の「脳のクセ」を知り、その可能性を知ることから始めましょう。

なんと、ストレスに強い性格になるコツもあるようです。


◆本日のオススメ!


「やわらか脳」をつくる11のコツ
「やわらか脳」をつくる11のコツ
フォレスト出版 2009-03-19



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

ストレス社会を生き抜くためには、まず自分の「脳のクセ」を知ろう。
巻頭折込「あなたの『脳のクセ』を知るためのテスト(75項目)」付き。


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆著者の公式ブログはコチラ


>> 東京大学石浦研究室ホームページ 


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 石浦章一|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆パワーブロガーの書評はコチラ


>> 「やわらか脳」をつくる11のコツ|ISOの本棚

本書では、先ず自分自身の性格・気質を把握するためのチェックから始まります。

これにより自分の遺伝的影響の強い因子がわかります。

そして、最新の脳科学に基づく、自分の性格を変える具体的な11の方法などを説いています。

またどうしても過剰なストレスにさらされてしまう現代社会を逞しく生き抜くために、「臨機応変に対応しうる、問題解決能力の高い脳」である「やわらか脳」をどうやってつくったらよいかなど解説しています。

さらに最新脳科学からみた「遺伝のからくり」なども解説しています。



◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。





◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!




人気ブログランキングへ ■応援!

続きは ↓【続きを読む】 はコチラ
posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳科学・脳トレ・脳本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

男は、なぜ缶コーヒーが好きなのか? 姫野友美

◆男は、なぜ缶コーヒーが好きなのか? 姫野友美



◆違いがわかる女になれ!



正しい男の接し方!(面白い!)

男と女の違いを、脳科学ベースで、女医・姫野友美先生が解明!

やっぱり、男は女の手の中で踊るのが一番なのかな?


◆本日のオススメ!


4766710657男は、なぜ缶コーヒーが好きなのか?―“違いのわかる女”の男と接する正しい方法 (リュウ・ブックス アステ新書)
経済界 2009-04

by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

「男性脳」が受け入れない女の“7つのしぐさ”とは?
あなたのつき合い方は、間違っている!
恋愛・結婚・人間関係が、うまくいく!
心を通わせる“女性脳”の磨き方。


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆著者の公式ブログはコチラ


>> ひめのともみクリニック 〜書籍案内〜  


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 姫野友美|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆パワーブロガーの書評はコチラ


>> 男はなぜ缶コーヒーが好きなのか。| BlueBloomBlog

姫野友美によれば、
男が缶コーヒーを好む理由は、男の「女漁り」と関係があって、
つまり、まぁまぁ可愛ければ、A子ちゃんもいいけど、B子ちゃんでも良いし、
BOSSでもいいけど、モーニングショットでもええよ。
缶コーヒーならなんでもいええよ。
ただし、無糖ね〜。
という「アホ動物脳」に起因してる。ということである。

女の場合は、残念ながら、誰の子種でも良し!とは絶対ならないそうですよ。
ということですので、
女の場合、缶コーヒーでも銘柄を選ぶそうです。



◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。





◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!




人気ブログランキングへ ■応援!

続きは ↓
【続きを読む】 はコチラ
ラベル: 姫野友美
posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳科学・脳トレ・脳本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

感動する脳 茂木健一郎

◆感動する脳 茂木健一郎



◆最近、感動してますか?



ワクワク、ドキドキした日々を送りたい人に。

いま注目の脳科学者が、感動のメカニズムと人生について解説。

『心』は脳に宿る。 『感動』は脳を進化させる!


◆本日のオススメ!


4569690149感動する脳
PHP研究所 2007-03-17

by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

いま、脳について興味を持つ人が増えている。それは、脳が計
算能力や記憶力を高める働きをするだけではなく、実は人の感情や意欲といったものに脳の働きが深く関わっていることが科学的に分かってきたからである。つまり「心が宿る場所」としての脳への関心である。
一方、あらゆる情報が氾濫している現代という複雑化・多様化する社会の中で、どのように生きればいいのか? どうすれば自分の人生を楽しく充実して生きることができるのか? と迷い、悩む人が多い。
キーワードは「感動」であると著者はいう。あのアインシュタイが「感動することをやめた人は、生きていないのと同じことである」と言ったように、「感動」は人に強い意欲を起こし、新しい行動にかりたて、そして人生を変えるからである。


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆著者の公式ブログはコチラ


>>  茂木健一郎 クオリア日記 


◆著者の『交友関係』(SPYSEE)はコチラ


>> 茂木健一郎|あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]


◆パワーブロガーの書評はコチラ


>> 【書評】 感動する脳|Morizo Blog : 森蔵ブログ

その他、エッセイなので感動とそれに関連する創造性についてさまざまな視点から語られている。その中で僕が一番関心を持って共感したのは、脳が感動するためにはそのために容量を確保しておくことが必要だということだ。これは本文には書いていず僕の解釈なのだが、毎日決まったスケジュールをこなしているだけでは感動は得がたい。やはり、何もしない一日だとか趣味に没頭する一日だとか、冒険だとか、創造性を働かせ脳を自由に開放したところに感動があるという気がする。



◆ビジネス本でバージョンアップをお読み頂きありがとうございます。





◆【続きを読む】で、気付きメモ、目次メモ、著者履歴などが見れます!




人気ブログランキングへ ■応援!

続きは ↓

【続きを読む】 はコチラ
posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:05| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳科学・脳トレ・脳本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする