2012年04月11日

【書評】自分は何をなすべきか(強み編)『仕事の哲学 (ドラッカー名言集)』ドラッカー

◆本日のオススメ!



◆自分の強みをわかりにくい!


今回は、第4章「強み」編からの抜粋です。

自分が感じる「強み」と周辺の人が感じる「強み」には差がある。
自分にとっての普通が「強み」だったりするから不思議である。

強み
何事かを成し遂げられるのは、
強みによってである。
弱みによって何かを行うことはできない。
『明日を支配するもの』より

自分の強みはわかりにくい
誰もが、自分の強みはよくわかっていると思う。
しかし、たいていは間違っている。
わかっているのは、せいぜい弱みである。
『明日を支配するもの』より

自らの強みに集中せよ
不得意なことの改善にあまり時間を使ってはならない。
自らの強みに集中すべきである。
無能を並みの水準にするには、
一流を超一流にするよりも、
はるかに多くのエネルギーと努力を必要とする。
『明日を支配するもの』より

気質と個性を理解せよ
我々は気質と個性を軽んじがちである。
だが、それらのものは訓練によって容易に
変えられるものでないだけに、
重視し明確に理解することが必要である。
『非営利組織の経営』より

自らの価値を成果に変える
強みを生かす者は、仕事と自己実現を両立させる。
自らの知識が組織の機会となるように働く。
貢献に焦点を合わせることによって、
自らの価値を組織の成果に変える。
『経営者の条件』より


◆アマゾンの内容紹介から ↓

仕事の成果が問われるいま、
ビジネスマンはいかに能力を高め、自己実現をとげるか。

成果能力、果たすべき貢献、優先順位、意思決定、
リーダーシップ、コミュニケーション、時間管理など、
人並みの能力でプロになる知恵を精選。



◆目次メモ


第1章 成長
第2章 成果能力
第3章 貢献
第4章 強み
第5章 進むべき道
第6章 知識労働者
第7章 企業家精神
第8章 チームワーク
第9章 コミュニケーション
第10章 リーダーシップ
第11章 意思決定
第12章 優先順位
第13章 時間管理
第14章 第二の人生

◆著者の履歴 ピ−タ−・ファ−ディナンド・ドラッカ−


ビジネス界に最も影響力をもつ思想家として知られる。東西冷戦の終結、
転換期の到来、社会の高齢化をいちはやく知らせるとともに、「分権化」
「目標管理」「経営戦略」など、マネジメントの理念と手法の多くを考
案し、発展させてきた。
1909年、ウィーン生まれ。フランクフルト大学卒。経済記者、論説委員
として働きながら、国際公法の博士号を取得。
33年発表の論文がナチス・ドイツの不興を買い、大陸を離れる。
ロンドンで保険会社のエコノミスト、投資銀行のパートナー補佐などを
経験後、渡米。44年GMより同社のマネジメント研究を依頼され、46年
『会社という概念』に結実。50年ニューヨーク大学教授に就任。
以降、64年『創造する経営者』、66年『経営者の条件』、2002年『ネク
スト・ソサエティ』などを著す。

◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ




では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・経済・会計・人事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

【書評】自分は何をなすべきか(貢献編)『仕事の哲学 (ドラッカー名言集)』ドラッカー

◆本日のオススメ!



◆果たすべき貢献を考えよ!


今回は、第3章「貢献」編からの抜粋です。

会社や周辺が何をしてくれるかという要求ではなく、
自分に何ができるか、貢献の視点が必要ですね。

貢献
自ら果たすべき貢献は何かという問いからスタートするとき、
人は自由となる。
責任をもつがゆえに、自由となる。
『マネジメント』より

権限に焦点を合わせる間違い
ほとんどの人が、下に向かって焦点を合わせる。
成果ではなく、権限に焦点を合わせる。
組織や上司が自分にしてくれるべきことや、
自らが持つべき権限を気にする。
その結果、本当の成果があげられない。
『経営者の条件』より

果たすべき貢献を考えよ
成果をあげるには、自らの果たすべき貢献を考えなければならない。
手元の仕事から顔をあげ、目標に目を向ける。
組織の成果に影響を与える貢献は何かを問う。
そして責任を中心に据える。
『経営者の条件』より

顔を上に向ける
顔を上に向けることによって、ほとんど無意識に、
他の人が何を必要とし、何を見、何を理解しているかを知る。
さらには組織内の人たち、つまり上司、部下、他の分野の同僚に対し、
「あなたが組織に貢献するには、私はあなたにどのような貢献をしな
ければならないか」「いつ、どのように、どのような形で貢献しなけ
ればならないか」を聞けるのである。
『経営者の条件』より

貢献のプランを具体化する
あまり先を見てはならない。
貢献のためにプランを明確かつ具体的なものにするには、
長くともせいぜい一年半を対象期間とするのが妥当である。
問題は、一年半のうちに、いかなる成果をあげるかである。
『明日を支配するもの』より

貢献の目標を設定する
目標は難しいものにしなければならない。
背伸びをさせるものでなければならない。
だが、可能でなければならない。
不可能なことを目指したり、
不可能なことを前提とすることは、
野心的と呼ぶに値しない。
たんなる無謀である。
『明日を支配するもの』より


◆アマゾンの内容紹介から ↓

仕事の成果が問われるいま、
ビジネスマンはいかに能力を高め、自己実現をとげるか。

成果能力、果たすべき貢献、優先順位、意思決定、
リーダーシップ、コミュニケーション、時間管理など、
人並みの能力でプロになる知恵を精選。



◆目次メモ


第1章 成長
第2章 成果能力
第3章 貢献
第4章 強み
第5章 進むべき道
第6章 知識労働者
第7章 企業家精神
第8章 チームワーク
第9章 コミュニケーション
第10章 リーダーシップ
第11章 意思決定
第12章 優先順位
第13章 時間管理
第14章 第二の人生

◆著者の履歴 ピ−タ−・ファ−ディナンド・ドラッカ−


ビジネス界に最も影響力をもつ思想家として知られる。東西冷戦の終結、
転換期の到来、社会の高齢化をいちはやく知らせるとともに、「分権化」
「目標管理」「経営戦略」など、マネジメントの理念と手法の多くを考
案し、発展させてきた。
1909年、ウィーン生まれ。フランクフルト大学卒。経済記者、論説委員
として働きながら、国際公法の博士号を取得。
33年発表の論文がナチス・ドイツの不興を買い、大陸を離れる。
ロンドンで保険会社のエコノミスト、投資銀行のパートナー補佐などを
経験後、渡米。44年GMより同社のマネジメント研究を依頼され、46年
『会社という概念』に結実。50年ニューヨーク大学教授に就任。
以降、64年『創造する経営者』、66年『経営者の条件』、2002年『ネク
スト・ソサエティ』などを著す。

◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ




では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・経済・会計・人事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

【書評】自分は何をなすべきか(成果能力編)『仕事の哲学 (ドラッカー名言集)』ドラッカー

◆本日のオススメ!



◆成果が自己実現の前提となる!


今回は、第2章の「成果能力」編からの抜粋です。

成果能力
成果とは百発百中ではない。
百発百中は曲芸である。
成果とは、長期にわたって業績をもたらし続けることである。
『マネジメント』より

自らの最高のものを引き出す
まず果たすべきは責任は、
自らのために最高のものを引き出すことである。
人は自らがもつものでしか仕事ができない。
しかも、人に信頼され協力を得るには、
自らが最高の成果をあげていくしかない。
『非営利組織の経営』より

人はまだ優れるに至っていない
成果をあげる人とあげない人の差は、才能ではない。
いくつかの習慣的な姿勢と、
基礎的な方法を身につけているかどうかの問題である。
しかし、組織というものが最近の発明であるために、
人はまだこららのことに優れるに至っていない。
『非営利組織の経営』より

成果をあげる人の共通点
成果をあげる人たちは、
気性や能力、職種や仕事にやり方、性格や知識や感心において
千差万別である。
共通点は、
なすべきことを成し遂げる能力をもっていることだけである。
『経営者の条件』より

成果をあげるための五つの能力
成果をあげるための実践的な能力は五つある。
第一は、何に自分の時間がとられているかを知り、
 残されたわずかな時間を体系的に管理する。
第二に、外部の世界に対する貢献に焦点を合わせる。
第三に、強みを中心に据える。
第四に、優先順位を決定し、
 優れた仕事が際立った成果をあげる領域に集中する。
第五に、成果をあげるよう意思決定を行う。
『経営者の条件』より


◆アマゾンの内容紹介から ↓

仕事の成果が問われるいま、
ビジネスマンはいかに能力を高め、自己実現をとげるか。

成果能力、果たすべき貢献、優先順位、意思決定、
リーダーシップ、コミュニケーション、時間管理など、
人並みの能力でプロになる知恵を精選。



◆目次メモ


第1章 成長
第2章 成果能力
第3章 貢献
第4章 強み
第5章 進むべき道
第6章 知識労働者
第7章 企業家精神
第8章 チームワーク
第9章 コミュニケーション
第10章 リーダーシップ
第11章 意思決定
第12章 優先順位
第13章 時間管理
第14章 第二の人生

◆著者の履歴 ピ−タ−・ファ−ディナンド・ドラッカ−


ビジネス界に最も影響力をもつ思想家として知られる。東西冷戦の終結、
転換期の到来、社会の高齢化をいちはやく知らせるとともに、「分権化」
「目標管理」「経営戦略」など、マネジメントの理念と手法の多くを考
案し、発展させてきた。
1909年、ウィーン生まれ。フランクフルト大学卒。経済記者、論説委員
として働きながら、国際公法の博士号を取得。
33年発表の論文がナチス・ドイツの不興を買い、大陸を離れる。
ロンドンで保険会社のエコノミスト、投資銀行のパートナー補佐などを
経験後、渡米。44年GMより同社のマネジメント研究を依頼され、46年
『会社という概念』に結実。50年ニューヨーク大学教授に就任。
以降、64年『創造する経営者』、66年『経営者の条件』、2002年『ネク
スト・ソサエティ』などを著す。

◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ




では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


2012年04月04日

【書評】自分は何をなすべきか(成長編)『仕事の哲学 (ドラッカー名言集)』ドラッカー

◆本日のオススメ!



◆人は何かを成し遂げたがる!


新年度の始まりの今、新鮮な気持ちで、
『自分は何をなすべきか』をドラッカーから学ぼう!

ドラッカーの味わいのある言葉の奥に潜む、
本質を理解する努力をしてみよう!

今回は、第1章の「成長」編からの抜粋です。

成長
少ししか求めなければ成長しない。
多くを求めるならば、
何も達成しない者と同じ努力で巨人に成長する。
『経営者の条件』より

外なる成長と内なる成長
自己啓発とは、能力を習得するだけではなく、
人間として大きくなることである。
責任に重点を置くことによって、
より大きな自分を見るようになる。
うぬぼれやプライドではない。
誇りと自信である。
一度身に付けてしまえば、
失うことのない何かである。
目指すべきは、外なる成長であり、内なる成長である。
『非営利組織の経営』より



◆アマゾンの内容紹介から ↓

仕事の成果が問われるいま、
ビジネスマンはいかに能力を高め、自己実現をとげるか。

成果能力、果たすべき貢献、優先順位、意思決定、
リーダーシップ、コミュニケーション、時間管理など、
人並みの能力でプロになる知恵を精選。



◆目次メモ


第1章 成長
第2章 成果能力
第3章 貢献
第4章 強み
第5章 進むべき道
第6章 知識労働者
第7章 企業家精神
第8章 チームワーク
第9章 コミュニケーション
第10章 リーダーシップ
第11章 意思決定
第12章 優先順位
第13章 時間管理
第14章 第二の人生

◆著者の履歴 ピ−タ−・ファ−ディナンド・ドラッカ−


ビジネス界に最も影響力をもつ思想家として知られる。東西冷戦の終結、
転換期の到来、社会の高齢化をいちはやく知らせるとともに、「分権化」
「目標管理」「経営戦略」など、マネジメントの理念と手法の多くを考
案し、発展させてきた。
1909年、ウィーン生まれ。フランクフルト大学卒。経済記者、論説委員
として働きながら、国際公法の博士号を取得。
33年発表の論文がナチス・ドイツの不興を買い、大陸を離れる。
ロンドンで保険会社のエコノミスト、投資銀行のパートナー補佐などを
経験後、渡米。44年GMより同社のマネジメント研究を依頼され、46年
『会社という概念』に結実。50年ニューヨーク大学教授に就任。
以降、64年『創造する経営者』、66年『経営者の条件』、2002年『ネク
スト・ソサエティ』などを著す。

◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ




では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・経済・会計・人事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

【書評】増税は本当に必要なのか?『財務省のマインドコントロール』江田 憲司

◆本日のオススメ!



◆増税する前にやるべきことがあるだろう!


政治の世界では、増税ありきで話しが進んでいる感じです。
それも、急げ急げの大合唱。反対者も多数いるのですが・・・。

たしか、「TPP」の時もそうでしたね。
詳しい説明は抜きにして、理由は必要だから、と言うだけ。

「消費税を10%に上げないと、この国はつぶれてしまう」

本当にそうなのでしょうか?

何か、一方に偏った主張と意見ばかりが取り上げられている感じ。
どこまでが正確な事実で、どこからが前提条件なのかも曖昧。

そういう時は、本書のような、「それは違うでしょう」という
側に立って主張している本を読んで、偏りを明確にすべきです。

その上で、自分で判断した方が良いと思います。

どちらの説も、そのまま盲信するのではなく、メリット・デメリット
を理解した上で、自分の考えを持ちましょう、ということ。

何かが変だと感じるのは、そこに理由(情報操作?)があるからです!

本書の第2章・第1節に、増税の理由は本当に正しいのか?について
10個の疑問を掲げ、その反対理由を述べています。

・国債は子供や孫たちへのつけ回しではない
・国家の財政を家計にたとえるのは大間違い
・国の借金はGDPの2倍?それがどうした!
・ギリシャの教訓は、増税しても破綻
・デフレ下で増税しても、税収は上がらない

・国外では、日本の財政は確固としていると主張する、財務省の二枚舌
・なぜ世界で例のない「伏魔殿」を廃止しないのか
・米国債の償還金15兆円をなぜ使わない?
・消費税を社会保障の財源にする国なんてない!
・増税の訴えは、責任ある政治家の証しではない

本当に、今のデフレで経済が疲弊している時に増税が必須なのでしょうか?
普通に考えれば、もっと経済が悪化する方向へ進むような気がします。

どこかで、増税が必要となる時期が来るのでしょうが、
「増税の前にやるべきことがある!」の主張に賛成です。


◆アマゾンの内容紹介から ↓

橋本龍太郎政権で「大蔵省改革」に取り組み、
財務省と正面から闘ってきた政治家が、
財務省支配のカラクリを明らかに。

野田政権と国民を洗脳し、
増税をたくらむ財務官僚の恐ろしい手口。
官僚の大嘘に騙されるな!

今や「財政再建のために増税は仕方がない」と思っている
国民も多いが、それは財務省による洗脳、つまりマインド
コントロールにかかっているからである。

なぜ国民が、財務省によるマインドコントロールにかかるのか?
それは肝心の野田総理が洗脳されており、国をあげて大々的に、
「増税しなければ、財政破綻キャンペーン」が行われているからである。

実際、増税をしなくても、財政再建はできる。
財務省は大嘘をつき、政治家や国民にとんでもない
マインドコントロールを仕掛けているのだ。

本書では、財務省の嘘を暴き、日本の政治が増税なしでも
うまくいく方法を具体的に提示。

日本国民は、財務省の嘘にコロリと騙され、
消費税増税に賛成をしてはいけない!

専門用語を使わず、わかりやすく解説してあるので、
政治、経済の裏側から現状まで理解できる。
日本国民全員が読むべき、政治、経済の書。



◆目次メモ


序章 財務省によるマインドコントロールから目を覚ませ!
 民主党政権のバラマキのツケが「5%の消費増税」
 なぜ「まず増税ありき」で進めようとするのか ほか
第1章 「増税しないと破綻」キャンペーンの嘘をあばく!
 財務省による10の「増税マインドコントロール」を解く
 増税しなくても、10年間で80兆円を賄える!
第2章 財務省支配のカラクリ
 野田総理は財務省にとって“パーなペット”?
 財務省の「裏部隊工作員」による人格攻撃は尋常じゃない ほか
第3章 この国のかたちを変える!
 経済成長なくして財政再建なし
 デフレから脱却する方法は? ほか

◆著者の履歴 江田憲司[エダケンジ]


1956年、岡山県生まれ。衆議院議員。1979年、東京大学法学部卒業後、
通商産業省(現・経済産業省)に入省。ハーバード大学国際問題研究
所特別研究員、海部・宮沢内閣で官邸へ出向(総理演説・国会対策を
担当)、産業政策局などを経て、1994年、村山内閣で橋本龍太郎通産
大臣秘書官(日米自動車交渉や阪神淡路大震災の復興に従事)、
1996年、橋本内閣で首相首席秘書官に抜擢される。中央省庁の再編や
行財政改革などの「六大改革」を推進し、特に、大蔵省改革、郵政民
営化をめぐっては、族議員や官僚と激しく渡り合う。1998年、橋本内
閣総辞職と同時に通産省には戻らず退職。その後、ハワイに単身渡り
一年間の放浪生活。テレビや新聞雑誌等で言論活動をしながら、2002
年に衆議院議員に無所属で初当選。2009年には、渡辺喜美氏とともに
「脱官僚」「地域主権」を旗印に国民運動を展開し、同8月、「みんな
の党」を結成。幹事長に就任。現在3期目。著書には「誰のせいで改革
を失うのか」(新潮社)、「首相官邸」(文春新書)、「改革政権が
壊れるとき」(日経BP社)、「愚直の信念」(PHP研究所)など
がある。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 江田けんじオフィシャルブログ


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ




では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・経済・会計・人事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

【書評】今回も泣ける本! 『日本でいちばん大切にしたい会社3』 坂本光司

◆日本でいちばん大切にしたい会社3


日本でいちばん大切にしたい会社3日本でいちばん大切にしたい会社3
坂本 光司

by G-Tools

◆人を「トコトン」大切にする経営!


シリーズ3冊目の本です。やっぱり泣ける本、感動する本です。

今回紹介されている会社は7社です。
(下の目次メモに各社のリンクを付けてあります)

どれも、こんな会社があったのかと驚きを感じるの会社です。

その選定基準は、シリーズ当初から変わっていません。
「五人を大切にする経営」
「五人をしあわせにする経営」


その大切にすべき五人の「人」とは次の方々です。

1.社員とその家族
2.社外社員とその家族
3.現在顧客と未来顧客
4.障がい者や高齢者などの社会的弱者
5.出資者・支援者

つまり
「人をトコトン大切にする経営を、ぶれずに実行している企業」

これらの会社は、売上高対経常利益率で見ると、長期にわたって
5%前後以上を持続しているそうです。

好不況にかかわらず、その業績がぶれていない、とのこと。

その最たる共通項は、「人間尊重経営」「人本経営」
つまり人を大切にする、人のしあわせを念じた経営を貫いている。

キレイごとのように聞こえますが、それを実践している会社が
本書で具体事例として、取り上げられています。

これらの会社は、社員へのリストラはもとより、仕入先・外注企業
などに理不尽なコストダウン要求をしたことが一度もありません。

顧客のリピーター率もきわめて高く、お客さんが全国各地からわざわざ
追いかけてくる状態です。また、障がい者や高齢者も多数雇用し、彼ら、
彼女らが、健常者と一緒に元気に働いている企業です。

本書で紹介されている7社は、どれも感動のエピソードと、
どこまでも人と大切にするという信念が宿ったすばらしい企業です。

本書を読むと、心が洗われた気持になります。オススメの一冊です。

*涙をふくためのハンカチやテッシュを用意してからお読みください!

◆本日のオススメ!



◆アマゾンの内容紹介から ↓

7つの会社の奇跡のようなストーリー。

本当の「働く理由」「会社のあり方」を教えてくれる
ベストセラー・シリーズ。

55万部突破!



◆目次メモ

(リンク付き)
1 高齢者の方々の無数の「ありがとう」をいただく奇跡の靴メーカー
  徳武産業株式会社(香川県さぬき市)

2 理想を求めて「しあわせを乗せる」タクシー会社をつくりあげる
  中央タクシー株式会社(長野県長野市)

3 MEBOで親会社から完全独立。会社の理念は「すべては社員のために」
  株式会社日本レーザー(東京都新宿区)

4 精神障がい者の方々と働く場との「つながり」をつくる
  株式会社ラグーナ出版(鹿児島県鹿児島市)

5 障がい者の雇用に力を注ぐ、日本でいちばん大きなはんこ屋さん
  株式会社大谷(新潟県新潟市)

6 社員、地域、お客さまにやさしい会社は不況下でも高成長
  島根電工株式会社(島根県松江市)

7 東日本大震災‐ご遺体の仮埋葬・掘り起こしで人間の尊厳を守りぬいた葬儀社
  株式会社清月記(宮城県仙台市)

◆著者の履歴 坂本光司[サカモトコウジ]


浜松大学教授・静岡文化芸術大学教授等を経て、2008年4月より法政
大学大学院政策創造研究科(地域づくり大学院)教授及び法政大学大学院
イノベーションマネジメント研究科(MBA)兼担教授。
法政大学大学院静岡サテライトキャンパス長。NPO法人オールしずおか
ベストコミュニティ理事長等。他に、国、県、市町や商工会議所等団体の
審議会や委員会の委員を多数兼務。専門は中小企業経営論・地域経済論・
福祉産業論。

『公式ブログ』 はコチラ


>> 『日本でいちばん大切にしたい会社』公式ブログ


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ




『書評』 はコチラ >> 『日本でいちばん大切にしたい会社 坂本光司』




『書評』 はコチラ >> 『日本でいちばん大切にしたい会社2 坂本光司』

では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・経済・会計・人事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする