2012年05月03日

【書評】部下で悩んだら読んでみよう!『はじめて部下を持つあなたが理想の上司と呼ばれる瞬間』福島 正伸

◆はじめて部下を持つあなたが理想の上司と呼ばれる瞬間


◆理想の上司とは!


本書は、はじめて上司になった方向けの内容です。

著者が初めて部下を持ったのが23歳の時。
でも、最初はうまくいかず、挫折感を味わったそうです。

その時に考えた理由は、社会のせい、お客様のせい、スタッフのせい。
そうやって他人を責めて、自分自身をかばっていたのです。

でも、「このままではいけない!」「みんなを幸せにできない!」

そこで、自分を変えるために、夢を実現した沢山の人々に会い、
「働く意味」「生きる意味」「人を育てる意味」をたずねたそうです。

その数は、一年間で百八十名の方々!

驚いたことに、この方々が例外なく自分以外の人のことを考えていたこと。
さらに、自分の幸せよりも、他人の幸せを優先していたこと。

 なかでも強く気にかけていたのが、お客様と部下の幸せでした。
 輝きながら働く人たちは、部下を受け入れ、信じ、頼りにしていました。
 
 輝きながら働く人たちにとって、部下とは夢に向けてともに歩む
 パートナーであり、一緒に困難を乗り越えていく仲間だったのです。

そこで、気付いたのが、職場における上司の役割は、
部下に「働くことのすばらしさ」を教え、
彼らを「生きがいのある人生」に導くことにある、ということ。

本書では、部下や後輩と同じ夢に向かって、ともに成長していく方法を
わかりやすく紹介した本です。特に、はじめて上司になった方向けです。

面白いのは、前半に小説「理想の上司」というわかりやすい話しがあり、
その後で、リーダーとしての心得を、感覚的にわかりやすく解説して
いるところ。

その極意の一例として、こんな内容が書かれれています。

 未熟な人間だからこそ、自分が成長する姿を見せることで、
  人を育てることができます。
 未熟な人間だからこそ、たくさんの夢を見ることができます。
 未熟な人間だからこそ、部下と一緒に成長し、大きな感動を
  得ることができます。
 未熟な上司だから、部下がついてこないのではありません。
 未熟であっても、成長を愉しむ上司であれば、
  部下はついてくるのです。

その他にも、たくさんの名言が事例と合わせて紹介されています。

その最後に出てくるのが「メンターになるためのポイント」

・部下がまず見本となって行動しましょう
・いつも部下よりも本気で物事に取り組みましょう
・部下が成長すること、部下が喜ぶことを、部下以上に喜びましょう
・部下を感動させることを楽しみましょう
・どんな出来事でもチャンスに変える「プラス受信」をしましょう
・他人や社会に価値と感動を提供しましょう
・困難があっても、あきらめずにチャレンジし続けましょう
・夢をもって常にワクワクしながら行動しましょう
・どんなときでも、今できることからはじめましょう
・毎日沢山のアイデアを考え出して、限界がないことを伝えましょう
・すべての失敗を糧にして、成長をしていきましょう
・部下がどうであれ、すべてを受け入れ信頼しましょう
・自分の都合よりも、部下の都合を優先させましょう
・部下のためになると思ったことは、積極的にやりましょう
・部下を励ましましょう

こうした姿勢は、「ここまでやればいい」という目安はありません。
自分が判断するものではなく、部下が判断するものだからです。
いつまでも努力し続けるのが、メンターのあるべき姿!です。


◆本日のオススメ!


はじめて部下を持つあなたが理想の上司と呼ばれる瞬間
はじめて部下を持つあなたが理想の上司と呼ばれる瞬間福島 正伸

ベストセラーズ 2009-02-26



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

心を開かない部下の指導に頭を悩ませていた新米主任。
彼がチームをまとめた秘訣とは?
感動のストーリーと心に響く言葉で「リーダーの心得」が身につく。

20万人を魅了してきたメンター・福島正伸が、
「感動のストーリー」+「心に響く言葉」で、
「理想の上司」と呼ばれるための心得を伝えます。

●部下にうまく育ってもらうには?
●部下から「信頼」されるには?
●口べたな上司はどうすれば?
●職場の雰囲気を変えるには?

上司として知っておきたいことが、わかりやすく頭に入ってきます。
「理想の上司とは何か?」と悩んでいる人にも、
大きなヒントを与えてくれます。
特に、部下を持って間もない若い上司にオススメです!

[小説『理想の上司』あらすじ]
入社以来はじめての昇進で、チームの主任となった横田。
「会社に認められるぞ! 結果を出すぞ!」とやる気を出すのだが、
部下とのコミュニケーションがうまくいかない。
横田ががんばればがんばるほど、部下の心ははなれていく......。
新米上司が逆境を乗り越えて、チームをまとめた秘策とは?



◆目次メモ


小説『理想の上司』
第1章 部下との出会い
 「アメリカの大学教授」の貴重な教え
 「料理屋のおかみさん」の貴重な教え
 あなたの存在感は、社長よりも大きい
 部下の方が、もっと不安を抱えている
 教えることは、発見すること
第2章 上司になったら、何がどう変わる?
 上司になることは、人生の大きなステップアップ!
 全体的視点と見本的姿勢
 真似されるような行動が求められる
 上司の影響力に注意する
 「部下のせいで・・・」という考え方は厳禁!
 部下に必要以上の命令を与えない
第3章 「目標」を決めて、部下の「見本」になる
 上司が変われば、自然と部下も変わる
 チーム全員で「仕事の目標」を共有する
 目標は、数字よりもイメージ
 部下の「見本」となって、やる気にさせる
 人を動かすのは恐怖。人を育てるのは尊敬
 「アメとムチ」には限界がある
 職場における「尊敬」とは?
 いくら叱っても、嫌われない上司になる
第4章 部下から「信頼」される上司になろう!
 上司から先に信じるから、部下も信じる
 部下に「自立型の姿勢」を身につけさせる
 部下同士が「互いに助け合える雰囲気」をつくる
第5章 指導に行き詰まったときの解決のヒント
 口べたなので、部下とうまく話せない・・・
 スタッフがちゃんと報告してくれない・・・
 部下に尊敬されているかどうか不安・・・
 部下がなかなか育ってくれない・・・
 部下を育てるためには管理も必要な気が・・・
 感謝の気持ちを贈り物で表現していいのかどうか・・・
 年上の部下や、海外から来た部下を任されえ・・・
 メンターになるためには、何をすればいいのか・・・

◆著者の履歴 福島正伸[フクシママサノブ]


1958年、東京都墨田区生まれ。早稲田大学法学部卒業。コンサルタント会社
に就職するも同月退社。その後、様々な事業に挑戦し、1988年、株式会社就
職予備校(現・アントレプレナーセンター)を設立。通産省産業構造審議会委
員を始め、数々の委員を歴任。全国各地で起業家スクールの主任講師をつと
め、数千人の起業家・経営者を育成。自立型人材育成、組織活性化、新規事
業立ち上げ、地域活性化支援の専門家として、20年以上に渡り、日本を代表
する大手企業、大前研一のアタッカーズ・ビジネススクール、全国の地方自
治体などで、約5,000回、延べ20万人以上に研修、講演を行う。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 株式会社アントレプレナーセンター

◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ


リーダーになる人の たった1つの習慣
リーダーになる人の たった1つの習慣福島 正伸

中経出版 2008-10-29



Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 11:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 能力開発・自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

【書評】すごい『アイデアは考えるな。』柳澤 大輔

◆アイデアは考えるな。 柳澤 大輔


◆アイデアは「質」よりも「量」!


「アイデアを出そう!」の掛け声が飛び交っています。
そんな時に期待されるのは「すごいアイデア」を出すこと。

でも、そんなに簡単に「すごいアイデア」を出せません。
出せる人は限られた人であり、誰もが・・は絶対にムリ!

しかし、「すごいアイデア」ではなく「すごくないアイデア」を
出すのであれば、敷居は一気に低くなります。

で、「すごくないアイデア」を出してどうするの・・・?
実は、そこがポイントです。

「アイデアを出せないという悩みを持つ人の共通点は、「すごいアイデア」
 を出そうとしてしまっているからです。」

実際は、「すごいアイデア」が一発で出てくるわけではなく、
その何倍も「すごくないアイデア」を出しているのです。

だから、まず「すごくないアイデア」をたくさん出すことから
始めるべきなのです。

この「すごくないアイデア」を出すことは、別の良い点があります。
沢山アイデアを出すことで、気持ちがどんどん前向きになること。

アイデアがあると、気持ちがポジティブになれます。
アイデアを出せば、仕事が面白くなって、前向きになります。

どうでなら、面白く働きたい!
どんな仕事でも面白がれる「面白がり屋」になれば、自分も楽しく
なるし、周りの人からも面白い奴だと声をかけられるようになる。

そんな面白がり屋になるために、「アイデア」を沢山だせるように
なる必要がある。

つまり。アイデアを沢山出すためのノウハウは、楽しく働くノウハウ
でもあるのです。「遊び心」というものと似ています。

これは面白カヤックのコンセプトでもあるようです。

面白カヤックに入社する新人も、最初はアイデアを出せないそうですが、
周りのメンバーの刺激を受け、どんどん発想を広げれるようになるそう
ですよ。

自分の壁を取り払い、自分の敷居値を下げ、自分の常識をはずし、
本書を読んで、アイデアマンになるための一歩を踏む出しましょう!


◆本日のオススメ!


アイデアは考えるな。
アイデアは考えるな。柳澤 大輔

日経BP社 2009-11-19



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

すごい企画を1個出すよりすごくない企画を100個出せ!
エジソンだってノート3500冊にボツ案を書いていた!
ユニクロを始めとする一流企業も認めるブレストの達人の極意。

アイデアを出せないという悩みを持つ人の共通点は、
「すごいアイデア」を出そうとしてしまっていること。

でも、「すごいアイデア」を出している人は、
その何倍も「すごくないアイデア」を出している。

ピカソは生涯2万点の絵を描いた。
バッハは毎週少なくとも1つ作曲していた。
エジソンの死後、メモがびっしり書かれた3500冊あまりのノートが発見された。

まずは「すごくないアイデア」をたくさん出すところから始めよう!

ユニクロをはじめとするウェブ制作で高い評価を得、
年間100以上の新サービスを世に送り出す面白法人カヤック。
そのクリエイティブな組織づくりの秘訣は、トコトン楽しく働くことにこだわること。
「アイデアをたくさん出すノウハウ」は「楽しく働くノウハウ」そのものだ。

ウェブ業界が注目するブレストの達人の極意を解き明かす一冊。



◆目次メモ


第1章 悩まずに、まず乗っかろう
 よく知らない人の結婚式に行けるか?
 面倒な仕事が振られる人になろう
 目の前のタスクこそ面白がるべき
 「自分フィルター」を捨てる
 乗っかれるのは40人に3人
 経営者が筋トレに励む理由
 ありえない案も出すから楽しい
 誰でもたくさんのアイデアを出せる
 「楽しい」と自分から言ってみる
 神様にフェイントをかけてみよう
第2章 成長するためのヒント
 『夜と霧』に学ぶ仕事の楽しみ方
 どんな悩みも「特別」ではない
 採用された会社は自分に向いている
 塾講師は初対面で生徒の将来を見抜く
 「マルチタスク」をこなす方法
 ハードルを上げる経験を積む
 原稿を落とすマンガ家の心理
第3章 誰でもアイデアマンになれる
 「量」があるからこそ「質」がある
 乗っかることでヒットが生まれる
 「たとえ話」がうまいオタクになれ
 縛りがあると発想が面白くなる
 データを使って何を生み出すのかが鍵
 「組み合わせ」は機会的に見つかる
 アイデアが人を前向きにする
第4章 壁を越えるための発想法
 オチをイメージ化して逆算する
 手軽にできる連想から始めよう
 「アイデアの公式」を利用する
 「そもそも論」にこだわれ
 ブレインストーミングの真価
 意見を言えない人のためのレッスン
 メンバーの役割分担が成否を決める
 ブレスト実況中継
 「神」が宿るときの条件
第5章 ゴールへとつながる道
 「味方のような敵」に気をつけろ
 与えることはクリエイティブ
 どんな道もちゃんとつながっている
 転職を決意する前に考えたいこと
 イメージしないことは実現しない
 数字に負けてはならない
 「面白がり屋」を世の中に増やす

◆著者の履歴 柳澤 大輔(やなさわ だいすけ)


1974年香港生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、ソニー・ミュージック
エンタテインメントに入社。1998年に合資会社カヤックを学生時代の友人と3人
で設立し、24歳で代表取締役に就任。2005年に株式会社に組織変更。売上、組織
規模ともに年々成長を続けている。
「鎌倉に本社を置く」「サイコロを振って給料を決める」などのユニークな社内
制度や、毎年100以上の新サービスを世に送り出すクリエイティブな組織づくり
で、若手経営者として注目を集める。
Webディレクターとしては、カンヌ国際広告賞、東京インタラクティブ・アド・
アワードをはじめ、国内外のあらゆるWeb広告賞を獲得する。2007年にギャラリー
運営、飲食事業をスタート。2009年には明和電機とのコラボレーションによる
「貧乏ゆすり」のプロダクト開発を手がけ、活動フィールドを広げている。
著書に『この「社則」、効果あり。』(祥伝社新書) 、『面白法人カヤック会社
案内』(プレジデント社)など。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 面白法人カヤック


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ


アイデアのつくり方
アイデアのつくり方ジェームス W.ヤング 竹内 均

阪急コミュニケーションズ 1988-04-08
売り上げランキング : 307


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 能力開発・自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

【書評】人を育てる秘訣!『9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方』福島 文二郎

◆本日のオススメ!



◆チーム全員がリーダーになる人材育成法!


「どんな会社でも活用できるディズニーの人材教育メソッド!」
と紹介されていますが、まさにその通りの内容です。

本書は、ディズニーランドがオープンした1983年に第1期生として
入社した著者が、2007年まで社員教育として取り組んできた
基本的なノウハウをまとめて公開した内容となっています。

その結果、こんな不思議な状況が生まれています。

・ゴミが放置されていないのはなぜか?
・いつも同じ仕事なのに、なぜ、いつも一生懸命できるのか?
・なぜ、雨の中でも屋外ステージのイスを拭くのか?

9割の方がアルバイトにもかかわらず、手抜きする人はいないのです。
手抜きするどころか、もっと積極的に取り組んでいる結果がこれです。

では、誰も手を抜こうとはしないのでしょうか?
それは、上司、先輩が後輩のことをよく見てフォローしているからです。

しかし、それでも常に見ていることはできません。
そんな中でも、主体的に最高のサービスを提供しようとする。

その秘密を、著者はこの言葉で説明しています。
「社員一人ひとりが、リーダーシップをもっているからです」

このリーダーシップとは、人をグイグイ引っ張るスタイルではなく、
「ホスピタリティ(思いやり)」を持って行動する、という意味です。

さらに、ほとんどがアルバイであり、その採用も基本的に応募者全員
採用ということですから、驚きです!

1万8千人のアルバイトがいて、その半分が毎年入れ変わる。
でも、そのサービスの質は、まったく落ちていない!

当然、自然にこんなことができるようになるわけがありません。
長い年月をかけて築きあげた「人を育てる」メソッドがあるからです。

その根底にある考えが「人は経験で変わる・育つ」です。
最初からできる人を集めるのではなく、できるように育てているのです。

そのノウハウが平易な言葉と、失敗談を含めた実例で紹介されています。

ディズニーの教育研修やしくみの背景にある基本的な考え方は、
規模や業種・業態を問わず、すべての社会・組織に共通する、との説明
が書いてありますが、まさにその通りだと感じました。

主な流れだけ紹介します。

・育てる前に教える側の「足場」を固める
  上司・先輩自身が、まず身に付けておかなけらばいけない
  考え方・姿勢

・後輩との信頼関係を築く
  後輩とどう接すればよいのか、どうすれば後輩の信頼を得る
  ことができるか

・後輩のコミュニケーション能力を高める
  どうすれば後輩は、顧客、上司・先輩、同僚と上手に
  コミュニケーションをとることができるようになるか

・後輩のモチベーションを高める
  どうすれば、後輩は、やる気を出し、働きがいをもって
  仕事に取り組むようになるのか

・後輩の自立心・主体性を育てる
  どうすれば後輩は、自主的・主体的に仕事に取り組む
  ようになるのか

沢山に気づきが得られる一冊です。オススメ!


◆『9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方』福島 文二郎


◆アマゾンの内容紹介から ↓

チーム全員がリーダーになるように「人を育てる」法則。
部下、後輩、新入社員、正社員、派遣社員etc.
相手がどんな立場でも使える人材教育メソッド。

昨年、過去最高益を出したディズニーランドでは、
9割のスタッフが正社員ではなく、
アルバイトでアトラクションを運営しています。

しかし、アルバイトでも最高のサービスを提供し、
ディズニーランドは他の遊園地とは異なる、
そして不況にも負けないブランド価値をつくりあげていますが、
その背景には徹底したディズニーの社員教育システムがあります。

また、人材レベルの高さといえば、
リッツカールトンとディズニーが有名ですが、この2社には、
●リッツカールトン:人の「素質」を見極める(=社員のポテンシャル重視)
●ディズニー:どんな人材でも育てることを重視する(=教育重視)
という決定的な差があるのです。

どんなにCSを高めようとしても、
その前段階の社員教育が成功なくしてCSは成り立ちません。

そこで、「社員教育」をテーマにディズニーの人材教育方法を紹介しながら、
一般の会社でも活用できる社員教育のコツとポイントを解説します。



◆目次メモ


PRPLOGUE 人は育つ―なぜ、バイトが9割でも最高のサービスを提供できるのか?
1 育てる前に教える側の「足場」を固める
2 後輩との信頼関係を築く
3 後輩のコミュニケーション能力を高める
4 後輩のモチベーションを高める
5 後輩の自立心・主体性を育てる

◆著者の履歴 福島文二郎[フクシマブンジロウ])


JSパートナー株式会社代表。1962年生まれ。東京ディズニーランドが
オープンした1983年に第1期の正社員としてオリエンタルランドに入社。
初めての配属先はジャングルクルーズ(運営部)。その後、人事部ユニ
バーシティ課(ディズニー教育)、株式会社イクスピアリ(東京ディズニ
ーリゾート併設のテーマ型ショッピングセンター)の総務部人事課など、
社員教育畑を経て、商品企画室(社員教育の担当部署)に配属。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> JSパートナー株式会社

◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ






では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 能力開発・自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

【書評】無自覚さを自覚しよう!『その癖、嫌われます』竹内 一郎

◆本日のオススメ!



◆癖ほど他人を不快にさせるものはない!


本書は、110万分のベストセラー『人は見た目が9割」著者の最新作です。
著者は劇作家・演出家として長い間、役者のクセを見て直してきました。

役者の場合、演出家からのダメ出しにより、自分クセに気付けます。
しかし、普通、自分のクセを自分で気付くのはまれです。
その結果、いつの間にか、嫌われてしまう・・・ということに。

そもそも『癖』とはどういう定義でしょうか?辞書を見てみると・・

その人がいつもそうする習慣動作や、行動の個人的な傾向。
(のうちで、好ましくないと受け取られるもの)

ポイントは「好ましくない」ものに限定されていること。

例えば、あなたは、こんな『癖』に心当たりはありませんか?

・「はぁ〜」と大きなため息をつく 
・髪をいじる 
・ひげをいじる 

本人は無自覚でも、他人の『癖』ほど不快にさせるものはありませんね。

問題は、他人の『癖」は不快であり、すぐに気がついても、
自分の『癖』は、なかなかわからないということ。

わからなければ、直すことができず、いつのまにか嫌われて・・・

自分も気を付けねば・・・と思いますね!


本書は、「癖とは何か」の解説から始まり、「癖はこうすれば直る!」
という具体的な提案の形でまとめられています。

基本的に、癖の根っこにはストレスがあります。
癖は、そのストレスから逃れて安心感を得るための道具なのです。

ストレスが大きいと、不安が生じ、気持ちが不安定になると、
その時の気持ちを支えるための道具として「癖」が誕生します。

『癖』は心の不安定を安定化するため、本人にとっては「楽」です。

その「癖」も普通の頻度やレベルであれば、特に問題になりません。
しかし「平均値」を超えると『癖』となって目につくようになります。

それを他人が見て「迷惑」「変」「ちょっとねえ」と受け止められると、
他人にとって、困った『癖』に昇格していくのです。

ちなみに、他人の癖で、気になる仕草を並べてみると・・・

・クチャクチャ音を立てて食べる
・舌うちが多い
・仕事をしながら貧乏ゆすり
・ツメをかむ
・頻繁にため息をつく
・髪をいじる
・ひげをいじる
・腰に手を当てて話す
・頬づえをつく
・首の関節を鳴らす
・考えるときに腕を組む
・体のどこかを触った後、ニオイを嗅ぐ
・鼻をかんだテッシュを見る
・キーボードをたたく音が大きい
・電話をガチャンと切る
・ペンを回す

いかがでしょうか? あっと、思い当たることはないでしょうか?

ちなみに、その癖を直す方法は、まず自分で気付くこと!
そのためには、他人を観察して、自分もやっていないかをチェックする。

「人の振り見て我が振り直せ」が『癖』を直す第一の方法のようです。

自分の持っている、残念な『癖』をこの機会に直しましょう!
見た目を磨くよりも、癖を直す方が何倍も効果的なようです!


◆アマゾンの内容紹介から ↓

本人は無自覚だが、癖ほど他人を不快にさせるものはない。

クチャクチャと音を立てて食べたり、貧乏ゆすりをしたり、頻繁にため息
をついたり、舌うちをしたり、髪やひげを触ったり、ツメをかんだり…
と挙げればキリがない。

演出家として役者の癖と格闘してきた著者が、自分では気づきにくい癖との
つき合い方を指南。

仕事や恋愛でよい結果を得られず、「見た目」を磨こうとする人がいるが、
癖を直す方が何倍も効果的。

ストレス過多で、癖が増える一方の現代人必読の書。



◆目次メモ


第1章 癖とは何か
第2章 他人の手癖や仕草は気になる
第3章 口癖は本性を表す
第4章 目は口ほどにものをいう
第5章 ネガティブに考える癖は嫌われる
第6章 分類しづらい癖
第7章 癖はこうすれば直る!

◆著者の履歴 竹内一郎[タケウチイチロウ]


1956年福岡県生まれ。演出家・劇作家・漫画原作者。横浜国立大学教育学部
心理科卒業。九州大学博士(比較社会文化)。九州大谷短期大学助教授を経
て宝塚大学教授。
『手塚治虫=ストーリーマンガの起源』でサントリー学芸賞、さいふうめい
の筆名で発表した『戯曲・星に願いを』で文化庁・舞台芸術創作奨励賞佳作、
『哲也 雀聖と呼ばれた男』で講談社漫画賞を受賞。
非言語コミュニケーションを説いた『人は見た目が9割』は110万部のベスト
セラーに。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 竹内一郎 さいふうめい オフィスワンダーランド(公式サイト)


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ





では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 能力開発・自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

【書評】ガラパゴス上司にならないための10の法則!『ホウレンソウはいらない』本田直之

◆ホウレンソウはいらない!―ガラパゴス上司にならないための10の法則

ホウレンソウはいらない!―ガラパゴス上司にならないための10の法則本田 直之

日本経済新聞出版社 2011-11-10



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆ 変化に対応できる者だけが生き延びる!


何度も同じことで怒る、プレイングマネージャーにならないために!
草食系部下をまとめ、チームとして結果を出す仕事術!

「今までと同じやり方なのに最近うまくいかなくなった……」
「一生懸命やっても一向に楽にならない……」

時代の変化に気づかないと、こうした悩みは解決できません。

それどころか時代に取り残されてしまいます。
本書は、その変化に気づき、進化していくための本です。

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びる
 でもない。唯一生き残るのは、変化できる者である」
(ダーウィン)

進化論で有名なダーウィンのこの言葉は、まさに現在の
プレイングマネージャーに向けられた言葉でもあります。

変化に気付かないまま、悩みを解決しようとしても、
深みにはまっていくだけなのです。

本書では、現代のマネージャーが直面している危機と、
これからのマネジメントに必要な考え方とスキルについて
書かれています。

まとめとして、
『ガラパゴス上司に【なる】ための10の法則』
を紹介しています。

逆説的ですが、時代が求めるマネージャーになるための、
「やってはいけない最低限の心得」として紹介しています。

◆ガラパゴス上司に【なる】ための10の法則

1 本を読まない
2 「自分と同じことができるだろう」と期待する
3 「がんばれ!」が口癖
4 「いいメンバーがいない」と思っている
5 モチベーションを上げようとする
6 考え方を変えさせようとする
7 ホウレンソウに時間をかける
8 何度も同じことで怒る
9 「ITスキルは仕事に関係ない」と思っている
10 外部要因思考

周りの変化に気付くことができれば、
それに合わせた、新たな変化や進化も可能です。

淘汰される側に回るのではなく、次の新たな時代に向けた仕事
ができるよう、変化にたいする気付きを得て、自分自身を変えて
いくためのノウハウ、ヒントを本書から得ましょう!

さて、あなたの「ガラパゴス度」はどれくらいでしょうか?

◆本日のオススメ!



◆アマゾンの内容紹介から ↓

何度も同じことで怒るプレイングマネージャーにならないために。
草食系部下をまとめ、チームとして結果を出す仕事術。



◆目次メモ


1 ガラパゴスマネージャーになるな!
 コミュニケーションギャップ
 ITの進化
2 変化の時代―マネージャーのサバイバル・スキル
 非クリエイティブ仕事術
 コミュニケーション術
 IT活用術
3 フレームワーク仕事術への進化
4 フレームワーク仕事術のメリット
 チームマネジメント力がアップする
 進捗管理(フレームワーク化)が簡単になる
 ノウハウ蓄積が容易にできる
 効率化が進む
5 クラウドでフレームワークを実践する
 クレーム処理
 商談進捗管理
 契約書管理
 チームでの制作物作成
 イベントのToDoリスト
 問題解決データベース

◆著者の履歴 氏名(ふりがな)


本田直之[ホンダナオユキ]
レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO。シティバンク
などの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役とし
てJASDAQへの上場に導く。
現在は、日米のベンチャー企業への投資事業を行うと同時に、少ない労力で多
くの成果をあげるためのレバレッジマネジメントのアドバイスを行う。
日本ファイナンシャルアカデミー取締役、コーポレート・アドバイザーズ取締
役、米国Global Vision Technology社取締役、アス
ロニア取締役、アロハテーブル取締役、コポンノープ取締役、アキュム取締役、
メディカル&スタイル顧問、Lake Edge Nomad顧問を兼務。
著書に、ベストセラーとなったレバレッジシリーズなどがあり、累計180万
部を突破。経営者を中心としたトライアスロンチーム、Team Alapa
を主宰する。
サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)。明治大学商学部産業経
営学科卒。(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー。上智大学非常勤
講師。


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ


7つの制約にしばられない生き方
7つの制約にしばられない生き方本田 直之

大和書房 2011-04-23



Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 能力開発・自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

【書評】どの職で生き残ろうか?『10年後に食える仕事、食えない仕事』 渡邉正裕

◆10年後に食える仕事、食えない仕事 渡邉正裕


10年後に食える仕事、食えない仕事10年後に食える仕事、食えない仕事
渡邉 正裕

by G-Tools

◆10年後の職業はこうなる!



グローバル時代の職業マップは、この4つに分類される。

1.重力の世界
  ・グローバルの最低給与水準に収れんされる
  ・平均賃金が日本の20分の1のインド人、中国人との勝負
  ・低付加価値なブルーカラー職種が多い

2.無国籍ジャングル
  ・世界70億人との仁義なき戦い
  ・超「成果主義」の世界
  ・勝ち残れば青天井
  ・才能も運も必要
  ・顧客との直接接点のない職種が多い

3.ジャパンプレミアム
  ・日本人ならではの高いサービスマインド、職人気質、
   チームワーカースピリットを活かす
  ・「同じ日本人」という信頼感を活用した対面サービス
  ・営業マンや旅館の女将など

4.グローカル
  ・日本人の強みを生かしつつ、高付加価値スキルで勝負
  ・日本市場向けの高度専門職
  ・高度な日本語と日本での人的ネットワークを活かす
  ・「士」業など


知的集約的 
↑        2.無国籍ジャングル  4.グローカル
スキルタイプ
↓        1.重力の世界     3.ジャパンプレミアム
技能集約的
         小←   日本人メリット  →大  



グローバル化といっても、変化のスピードの差は大きい。
変化の早い順と国境を意識して影響力を考えよう。

・カネと情報:ウェブを通して一瞬で国境を超える
・モノや企業:徐々に国境がなくなりつつある
・ヒト   :国境を超えるのにかなりの時間を要する
・土地   :国境を超えない

それぞれに関連する職業が、それ相応の影響を受けることになります。
その流れやメカニズムを理解した上で、自身の仕事を選びましょう。

何も意識していないと、「一物一価」へと収斂していくグルーバル化
によって、ブラックホールのように「重力の世界」へと引き込まれる
仕事の世界にのみ込まれ、消えていくかもしれませんから。


本書「はじめに─正しい航海図を持とう」より

これからの経済はグローバル化だ、皆が英語を操って世界を相手に丁々発止の
ビジネスをしなきゃいけない、キャリアアップして世界に通用する人材になら
ないと生き残れない─。そんなまことしやかな言説がはびこっている昨今だが、
それは英会話学校やビジネススクールの営業トークに過ぎない。

ところが、そんなうたい文句に脅され、自分もキャリアアップしなくては、
と様々な講演に出かけたり、ビジネス書を読み漁ったり、とりあえず英語学校
に通ってみたり、資格取得マニアになったりして、疲弊している人も多い。

実際には、グローバル化がいくら進もうが、日本人の仕事として日本に残る
仕事は、必ず残り続ける。逆に、グローバル化で減る仕事、賃金相場が限界
まで下がり続ける仕事、丸ごとなくなる仕事がたくさん出てくるのも事実だ。


だから、自分がどの領域で稼ぐのかを考え、仕事を選び、能力を高めていか
ねばならない。本書はその航路図となるものを目指して執筆した。


◆本日のオススメ!



◆アマゾンの内容紹介から ↓

グローバル化で職の72%は価値を失う!
くいっぱぐれるな!

これが日本人だからこそ有利な仕事。
カラー図版であらゆる職を4分類。

グローバル化やIT化の進展によって、日本人の職の72%が急速に価値を
失いつつある。世界経済の悪化が、その変化のスピードをさらに早めるだろう。

失業は増え、給料の下落は止まらない。本書は、この困難な時代に立ち向かうために
書かれた「仕事・職の航海図」だ。あらゆる仕事・職を4つに分類、日本から消えゆく
職業、逆に最後まで残る仕事などを豊富なカラー図版やチャートを使って
分析しながら、では私たちはどのように対処すべきかを明快に論じる。

職の本で定評のある著者が放つ衝撃の一冊。就活中の学生も、現状に不安を
感じているビジネスパースンも、定年後の再就職先に悩んでいる世代も必読です。

さあ、あなたの選んだ仕事は10年後もあると言えますか?



◆目次メモ


第1章 いま、何が起きつつあるのか
第2章 「日本人メリット」で食える仕事の条件
第3章 各エリアの職業とその特徴
第4章 判定チャート―10年後、あなたの仕事はどうなるのか?
第5章 10年後の生き残りかた
第6章 10年後の「日本人の雇用」

◆著者の履歴 渡邉正裕(わたなべ・まさひろ)


1972年東京生まれ。独立系ニュースサイトMyNewsJapanのオーナー社長兼編集長、
自らもジャーナリストとして雇用・労働問題を中心に『企業ミシュラン』シリーズの
執筆を続ける。慶應義塾大学(SFC)卒、日本経済新聞記者、日本IBMコンサルタント
を経て、ジャーナリズムに特化したインターネット新聞社を創業。
著書に『若者はなぜ「会社選び」に失敗するのか』『トヨタの闇』
『35歳までに読むキャリアの教科書』など。
ブログ:www.mynewsjapan.com/blog/masa
ツイッター:@masa_mynews
連絡先:masa@mynewsjapan.com

◆著者の 『公式ブログ』 はコチラ


>> 渡邉正裕公式ブログ


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ



「あと数年で会社はなくなる」
「中国は2025年まで発展、日本は2020年以降、崖から転がるように落ち込む」
「iPhoneは2016年に製造終了」
……本書で語られる、衝撃的な予言の数々だ。

客観的にみれば、日本を取り囲む状況は、真っ暗。
にもかかわらず、「これからの日本は、チャンスに溢れている」
と著者は言い切る。

しかし、それは「今希望を描き、行動を起こす」ことを選んだ人のみ。
つまり、今この瞬間のあなたの選択こそが、これから10年、
活躍できるか、後悔する人生を送るかのターニングポイントなのだ。

「これからの10年はどうなる?」
「日本人だけがつかめるチャンスとは?」
「若手ビジネスパーソンが今、すべきこととは?」
「30代・40代の役割とは?」

……答えはすべて、本書の中にある!
カリスマ経営コンサルタント・神田昌典が満を持して送る
渾身の人生論、ついに完成。

では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 能力開発・自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする