2013年01月13日

【書評】自分の運命を決められるのは自分だけ!『私はこうして外資系トップとして仕事をしてきた』 新将命

◆本日のオススメ!


私はこうして外資系トップとして仕事をしてきた
私はこうして外資系トップとして仕事をしてきた新 将命

総合法令出版 2012-11-20



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆若いうちからプロフェッショナルになる準備を!


シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップス
などの大手外資系で社長を務めた新将命(あたらし・まさみ)氏が、
若手向けに、成功するビジネスパーソンになるために押さえるべき
ポイントをまとめたものです。

外資系出身ということもあり、ビジネスの日米比較論を元にした説明
が沢山出てきます。しかし、外資系で働くためにというよりも、
日本で自律したビジネスパーソンとして成功するための考え方やスキルに
重きを置いた内容となっています。

今までは経営者やリーダー層向けの書籍が多かったのですが、それら
を全部まとめた形で、次世代の若手向けにうまくまとめられています。

とはいえ、リーダー層にも十分役立つ内容となっています。

著者が本書の読者に贈る言葉は、

 今日の自分は、昨日までの自分の結果である。
 将来の自分は、今日からの自分の結果である。

そして、激励や指針を示す言葉が次から次へと出てきます。

・大変な時代は、あなた自身が変わらなくてはいけない
・変われるのは若いうち
・若いうちはどんな仕事にも食らいつけ

・VSOPを持て
 V:バイタリティー  20代〜30代半ばまで
 S:スペシャリティー 20代〜30代の終わりまで
 O:オリジナリティー 40代
 P:パーソナリティー 一生もの

ビジネスパーソンに必要なスキルは3つに分類できる
(1)機能的・専門的能力
 @一点深堀り型
 A幅広浅掘り型
 B幅広1点深堀り型
 C幅広2点深堀り型

この仕事ならあいつに任せておけば安心だ、というレベルを目指せ!

(2)普遍的ビジネス能力
 @財務能力
 A情報リテラシー
 B英語力+α
 C人間関係能力
 Dコミュニケーション能力

自分の職種が何であるかに関係なしに誰でも身に付けよ!

(3)リーダーシップ能力
@コミュニケーションの第一歩は聴くことである
Aコミュニケーションの目的は相手に正しく伝わって初めて達成される
B効果的なコミュニケーションの条件
C相手によっては起承転結で、場合によっては結から先に話す
Dコミュニケーションは時間が余ったら暇を見て行うものではない

E真のコミュニケーションは「フェイス・トゥ・フェイス」でなければならない
F悪い話ほど直ちに上司に報告、上司や他人にサプライズを与えてはいけない
Gスピーク・アウト(誰がではなく、何を言ったかが大切)
H異見も意見(意見が違うことを前提に建設的な解決策を)
Iコミュニケーションの本来の場は職場である

このように、ビジネスパーソンとして必要なスキルや考え方が
いろいろな切り口でキレイに整理されて、説明されています。

古典からの引用も多く、手元に置きたい一冊となっています。
リーダー層は、自分がどこまで考えて、どこまでやれている
のかを確かめことができる本に仕上がっています。

・どんな偉大な人も、他人の協力なしに、その実力を発揮することはできない
 (鉄鋼王アンドリュー・カーネギー)

・人は論理によって説得され、感情と利害によって動く
 (カーネル・サンダース)

・悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意思によるものである
 (フランスの哲学者アラン)

・悲しいから泣くのではない。泣くから悲しくなるのだ。
 (米心理学者ウィリアム・ジェームズ)


また、若いうちだからこそ、読んでおきたい古典はこれらです。

・論語
・パンセ
・菊と刀
・君主論
・プロフェッショナルの条件
・南洲翁遺訓
・学問のすすめ
・文明の衝突
・人を動かす
・論語と算数盤
・ビジョナリーカンパニー

・伝説の外資系トップが説くリーダーの教科書
・経営の教科書
・伝説の外資系トップが説く働き方の教科書

皆さんも古典を読んで、人生を学びましょう!


◆アマゾンの内容紹介から ↓

伝説の外資系トップが語る、どこでも、どんな時代でも通用する45の仕事術。

伝説の外資トップが語る、ビジネスパーソンの羅針盤
英雑誌「エコノミスト」が最近出版した『2050年の世界』(日本語版は文藝春秋刊)によれば、日本経済の世界に占める割合はこれから約40年の間にさらに低下し、2010年の5.8%から2050年には1.9%まで縮小するという。

現在20代後半から30代前半のビジネスパーソンはまさにこれからそのような時代を生き抜かなくてはならない。しかし、トレンドとしての日本経済の長期予測がそのようになるとしても、そのまま落ち込んでいていいのだろうか。

定年65歳制が当たり前となる今後、気持ちの持ち方次第でビジネスパーソンとしてワクワクするような充実した日々を過ごすことは可能であるはずだ。

本書では、若いビジネスパーソンがこれから40年間ビジネスパーソンとして活躍して充実した人生を送るために、どのような「セルフイノベーション(自分革命)」を行っていくべきかを、ビジネスで最も重要な「コミュニケーション」スキルを軸に説明していく。

これまで主に経営者やリーダー層に対しメッセージを発してきた著者の若者向け自己啓発書である。



◆目次メモ


序章 ビジネススキルとコミュニケーション
第1章 自分を変え、周りを変えるコミュニケーションのルール
第2章人間関係を築くコミュニケーションのルール
第3章 人を動かすコミュニケーションのルール
第4章 会社におけるコミュニケーションのルール
第5章 外国人とのコミュニケーションのルール
第6章 説得・交渉のルール

◆著者の履歴 新 将命(あたらし・まさみ)


株式会社国際ビジネスブレイン 代表取締役社長
1936年生まれ。早稲田大学卒業。シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップスなどグローバル・エクセレント・カンパニー6社で40数年にわたり社長職を3社、副社長職を1社歴任。
2003年から2011年3月まで住友商事株式会社のアドバイザリー・ボード・メンバーを務める。
現在は、長年の経験と実績をもとに、国内外で「リーダー人財」および「グローバル人財」の育成に取り組んでいる。
また、エグゼクティブ・メンターとして、経営者・経営者グループに対する経営指導・相談の役割を果たしている。
実質的内容の希薄な虚論や空論とは異なり、実際に役立つ実論の提唱を眼目とした、独特の経営論・リーダーシップ論には定評がある。
ユーモアあふれる独特の語り口は、経営者、経営幹部、次世代リーダーの間で絶大な人気を誇る。

◆著者の『講演動画』はコチラ


>> 【前編】新将命氏 グローバル競争を勝ち抜く経営とリーダー (YouTube)


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆合わせて読みたい本はコチラ


スタンフォードの自分を変える教室
スタンフォードの自分を変える教室ケリー・マクゴニガル 神崎 朗子

大和書房 2012-10-20
売り上げランキング : 3


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■世界15ヶ国刊行!
受講者の97%に影響を与えた「奇跡の授業」

心理学、神経科学から経済学まで最新の科学的成果を盛り込み、
斬新な講義を展開、スタンフォード大学で最も優秀な教員に贈られる
ウォルター・J・ゴア賞をはじめ数々の賞を受賞。

『ニューヨークタイムズ』『タイム』『USAトゥデイ』
『ボストングローブ』『USニューズ&ワールドレポート』他、
全米主要メディアで軒並み取り上げられ、
無数の賞賛を受けた世界的ベストセラー、
ついに日本解禁!

■「一度きりの人生が最高の人生に変わる講義」

・脳は1つでも自分は2人いる
・呼吸を遅らせれば自制心を発揮できる
・食べ物で『意志力の保有量』が変わる
・体にリラクゼーション反応を起こす
・自制心は筋肉のように鍛えられる
・「望む力」をつくりだす
・やる力とドーパミンを結びつける
・手軽な快楽の経済学
・「割引率」が10年後の成功を決める
・「他人の欲求」が自分に感染する
・「あなた2・0」に会う

これまで抽象的な概念として見られていた
「意志」の力についての考え方を根本的に変え、
実際の「行動」に大きな影響を与えてくれる本書、
目標を持つすべての人に読んでもらいたい一冊である。

では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

【書評】たった一度の人生だ!『20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ 』 吉岡秀人

◆本日のオススメ!


1度きりの人生だから絶対に後悔したくない! だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ
1度きりの人生だから絶対に後悔したくない!  だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ吉岡秀人

すばる舎 2012-11-21



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆1歩の勇気で人生は100倍楽しくなる!


情熱大陸(MBS毎日放送)3回出演、アジアで1万人以上の子供の命を救ってきた、
医師・吉岡秀人さん(ジャパンハート代表)が本書の著者です。

本書は、吉岡先生が日本に滞在中に講演などで話されている、
「人生の後悔を減らす秘訣」を50個の言葉にまとめたものです。

タイトルは20代向けとなっておりますが、どの世代にも通じる、
新たな「1歩を踏み出す勇気が湧き出る」内容が詰まっています。

さらに、「1歩を踏み出した先輩のコトバ」として、成功者や先人
の名言も50個も紹介されています。

それにしても、吉岡さんと同様に、本当に「アツイ」内容の本です!
裏表紙の言葉がこれです。

「これから、僕の情熱を君たちに伝染(うつ)そう!」


 誰だって、”一歩”を踏み出し続ければ、
 充実した人生を送ることができる。
 とはいえ、一歩を踏み出すのは
 勇気がいることだ。
 なかなか動けない人も多いだろう。
 そんな人に向けて、
 これから、僕が50のコトバを
 贈ろうと思う。
 君が今すぐ動き出したくなるように、
 一つひとつのコトバに僕の情熱を込めた。
 心に響くコトバが一つでもあったら、
 本を投げ出してもいいから、
 すぐに行動して欲しい。

瀧本哲史さんの「僕は君たちに武器を配りたい」風な言い回しですが、
まさにその通りの内容で、ジンジンと伝わってきます!

個々の内容は独立していて、気になるタイトルの部分から読み出せます。

例えば、第1のコトバ(後悔)の部分はこんな感じです。

◆タイトル
 01 REGRET(後悔)
 どんなふうに生きても人は後悔する。
 だけど、後悔の総量は減らすことができる。

◆内容
 ・・・
 人が後悔するということはどんなことか。
 それは、失敗したことではなく、チャレンジしなかったこと、
 やり残したことだ。
 それこそが、人生を後悔する大きな原因なのだ。
 ・・・

◆CHANGE YOUR MIND
 「失敗したらどうしよう」じゃなくて
 「やり残したらどうしよう」

◆1歩を踏み出した”先輩のコトバ”
 おもしろきこともなき世に(を)おもしろく
 すみなすものは心なりけり (高杉晋作)

吉岡先生のアツイ言葉に触れたい方にオススメ!

巻頭の言葉もご参考に!

 人生は一度きりだ。
 とくに二〇代の一〇年はあっというま。
 だから、自分が納得行くように生きたほうがいい。
 自分のやりたい仕事に就き、
 好きな仲間とともに過ごして、
 一番大切な人と一緒になる。
 誰かに必要とされ、自分の価値を実感できる毎日。
 それを手に入れることだ。
 そのために欠かせないものが〈最初の一歩〉。
 でも、多くの人は、
 この〈一歩〉がなかなか踏み出せない。

  まわりの目が恐い……。
  失敗したらどうしよう……。
  親・先生・友だちに反対された……。
  将来が不安定だから……。
  自信も才能もない……。
  お金がない……。
  チャンスがあったら始めるつもり……。

 そんなノイズが頭の中を支配する。
 そして、決断を先送りする。

 だけど、本当にそれでいいのだろうか?

 人生は短い。
 誰にでも終わりはやってくる。
 しかも、いつやってくるかわからない。
 気づいたときにはもう遅い。
 最期は一瞬で終わるのだ。
 医師として、多くの死を見届けてきた僕だから、
 人一倍そのことを痛感している。

 だからこそ、
 どんなに怖くても、
 どんなにつらくても、
 どんなに痛くても、
 〈一歩〉を踏み出すことだ。


◆新刊JPボッドキャストの紹介本コーナーもご参考に!
> 1度きりの人生だから絶対に後悔したくない! だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ(新刊ラジオ 第1594回)


◆アマゾンの内容紹介から ↓

【発売から13日で増刷! 】

「観客よりプレイヤーになったほうが人生は100 倍楽しい」

仕事、お金、恋愛、勉強、スポーツ、夢・目標、人間関係など、
1歩の勇気で人生は100倍楽しくなる!

本書では、「情熱大陸」(MBS毎日放送)出演で大反響になり、
アジアで1万人以上の子どもの命を救ってきた医師が、
あなたが今すぐ動きたくなる50の熱い言葉を贈ります!



◆目次メモ


CHAPTER 1 STEP 01 → STEP 10
 01 REGRET(後悔)―どんなふうに生きても人は後悔する。だけど、後悔の総量は減らすことができる
 02 CHOICE(選択)―選んだ道が正しいかはわからない。やり続けること、選び続けることで精度が上がる ほか
CHAPTER 2 STEP 11 → STEP 20
 11 CHALLENGE(挑戦)―良いと思ったことは、理性の声をあまり挟まずに、すぐに行動する
 12 DEFECT(欠点)―欠点よりも長所にフォーカスする ほか
CHAPTER 3 STEP 21 → STEP 30
 21 SUCCES(成功)―失敗ではなく、成功だけにフォーカスする
 22 A MOMENT(一瞬)―感性の声は最初の一瞬しかない。それを逃すと理性が頭を支配する ほか
CHAPTER 4 STEP 31 → STEP 40
 31 AGE(年齢)―始めるのは遅すぎたとしても、始めるしか残された道はない
 32 RESPONSBILITY(責任)―他人は自分の人生の責任を取ってはくれない。人生の責任を取るのは自分しかいない ほか
CHAPTER 5 STEP 41 → STEP 50
 41 QUALITY OF LIFE(人生の質)―4000メートルの景色を見た人にしか、4000メートルの景色のよさは、わからない
 42 WILL(意志)―悩んでいる時間が一番もったいない。悩む時間を極力減らし、すぐに行動に移す ほか

◆著者の履歴 吉岡秀人[ヨシオカヒデト]


ジャパンハート代表。医師。専門は小児外科。
1965年、大阪府生まれ。大分大学医学部卒業後、大阪、神奈川の救急病院などで勤務の後、1995年から1997年までミャンマーで活動。
その後、岡山病院小児外科、川崎医科大学小児外科講師などを経て、2003年から再びミャンマーで医療活動を再開。
2004年、国際医療ボランティア団体「ジャパンハート」を設立。
海外では、実際の医療活動、視覚障害者自立支援活動、エイズや貧困で人身売買の危険にさらされている子どもたちの保護と養育施設「Dre amTra i n」の運営、災害孤児の養育支援、学校での保健・衛生教育事業、医師・看護師育成事業などを行う。
国内では医療者の不足する離島や僻地に看護師を派遣する事業、ガンの子どもや家族に旅行をはじめとするさまざまな企画を通して元気をもらってもらう「スマイル・スマイルプロジェクト」などを行っている。
2011年に発生した東日本大震災の際には、500名あまりの医療者やボランティアを派遣。
その取り組みはメディアにも注目されており、テレビ「情熱大陸」(MBS 毎日放送)に出演した際には、大反響を得た。
また、全国から講演活動の依頼があり、小学生から大人まで老若男女問わず幅広い人気がある。
著書には、『命を燃やせ─いま、世界はあなたの勇気を待っている』(講談社)、『飛べない鳥たちへ─無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦』(風媒社)、『死にゆく子どもを救え』(冨山房インターナショナル)がある。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 発展途上国の子供を救え!小児外科医吉岡秀人の戦い

『君の一歩』応援ページ(通称:キミイチ)
> http://www.subarusya.jp/kimiichi50

『君の一歩』Facebook特設ページ
> https://www.facebook.com/kimiichi50

『君の一歩』Twitterアカウント
@kimiichi50


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆合わせて読みたい本はコチラ


命を燃やせ いま、世界はあなたの勇気を待っている
命を燃やせ いま、世界はあなたの勇気を待っている吉岡 秀人

講談社 2012-05-08



Amazonで詳しく見る
by G-Tools


飛べない鳥たちへ―無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦
飛べない鳥たちへ―無償無給の国際医療ボランティア「ジャパンハート」の挑戦吉岡 秀人

風媒社 2009-05



Amazonで詳しく見る
by G-Tools


では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 12:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

【書評】「For You」の精神で!『入社1年目から使える「評価される」技術』 横山信治

◆本日のオススメ!


入社1年目から使える「評価される」技術
入社1年目から使える「評価される」技術横山 信治

かんき出版 2012-11-21
売り上げランキング : 479


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆95%の人が気づいていない成功のコツ!


本書の著者は、SBIモーゲージ取締役執行役員常務の横山信治さんです。

営業成績全国最下位のダメ営業マンから、全国No.1の営業マンまで
登りつめたり、営業成績トップにもかかわらず、出世コースを外れ左遷
されたりと、紆余曲折、艱難辛苦を経験された方です。

そして、これまで3千人以上の面接に立ち会い、2万人以上のビジネス
パーソンに接してきた結果、優秀な人達が上司に評価されず、不満から
会社を去っていく姿を見て、大変残念に感じていたそうです。

そんな経験の中から、「評価される」ことには技術がある、ということ
に気づかれ、その技術を43個のルールで解説しています。

もしも、「自分の実力が正当に評価されいない」と感じているので
あれば、本書をお読みすることをオススメします。

具体的には、こんな方々に特に読んでもらいたい内容です。

・一生懸命努力しているのに、周りがわかってくれない
・結果を出しているつもりなのに、褒められない、給料が上がらない
・同期入社の人が、なぜか自分より先に出世している

問題は、どんなに努力して結果を残しても、どんなに能力が高くても、
「評価」されなければ、意味が無いということです。

ただ頑張れば良いというものではなく、正当に「評価される」技術と
いうものがあることを知り、それを少しづつ身に付けて実行しましょう。

この「評価される」技術で、上司との人間関係で悩み、転職も検討して
いた20代の男性が、今では上司との関係修復に成功し、一番信頼される
部下となり、社内最年少の管理職に抜擢された実例もあるようです。

では、「評価される」技術のポイントは何か?

「評価される」技術とは、「人に好かれる」技術そのものです。

ということは、会社内だけではなく、友人関係、家庭内など、いろいろな
場面で活用することができる技術ですね。

とはいえ、そんな簡単にできないから、みんな困っているのでは?

実は、人間心理の原理原則を理解できれば、非常にシンプルな解を得る
ことができます。

それは、
興味や関心を自分に向けるのではなく、相手に向けるということです。

人間は、誰もが自分にばかり関心を持ち、評価されたい、認められたい
という欲求を持ち、行動しています。

「すべての人間は自分を認めて欲しい」と望んでいるのです。
これは、老若男女問わず、すべての人間に共通な欲求です。

常に自分の存在価値を認めてもらいたいと願い、自分が必要とされること
で自信がつきます。逆に、大切に扱ってもらえないと感じただけで、傷つ
き、怒り、元気をなくし、自信をなくします。

つまり、人間というのは他人からどう思われているか、どう扱われている
かを通じて、「自己重要感」を満たす生き物です。
それが「評価される」技術の根底にある考え方です。

上司や周りの人に対して、あなたが自己重要感を満たしてあげれば、効果
てきめんで、自分の評価を確実に上げることができます。

この原理原則は、誰もが知っていることですが、これを有効活用している
人はあまりいません。実際にやるとなると、なかなか難しいからです。

なぜなら、人を評価する前に、自分のことを先に評価して欲しくて、相手
から評価されるのを待ってしまうからです。
でも、先に与えなければ、人からが評価されません!

人間の本能である「自分を認めて欲しい」という欲求を、
あなたが先に満たしてあげることでができれば、成功は保証されるのです。

相手を喜ばせることがあなたの喜びとなるまで、本書を読んで実践してみましょう。


こんなわかりやすい事例が載っていました。

A君という営業マンとB課長が一緒に営業に出かけ、商談を成立させました。
その帰り道でB課長がA君に「商談うまく成立してよかったね」と言ったとします。
その時のA君の返答です。

【Aパターン】
「はい、さすが課長ですね。雑談から自然と本題に入っていく話法は素晴らしかった
です。そしてクロージングのタイミングは抜群でした。私も勉強になりました。あり
がとうございます。」

【Bパターン】
「はい、よかったです。Y社長とアポイントをとるのに苦労しましたから。しかもあの
提案書を作るのに昨日徹夜しました」

Aパターンは、B課長の自分を認めて欲しいという欲求は満たされました。
Bパターンは、逆にA君の自分を認めて欲しいという欲求は満たされますが、
B課長の欲求はおざなりとなります。

このように、相手の自己重要感を先に満たすのは容易ではありません。

で、どうしたら良いのかを、本書内で詳しく解説されています。

入社1年目から使える・・・というタイトルになっていますが、
実際に使いこなせるようになるには、人間としての修行が必要ですね!


◆アマゾンの内容紹介から ↓

昨日よりたった数回、「評価される」技術のアクションを
増やすだけで、人生が大きく変わる!

「一生懸命努力しているのに、まわりがわかってくれない……」
「結果を出しているつもりなのに、褒められない、給料が上がらない」
「同期入社の人が、なぜか自分より先に出世している」

本書は、日々このような悩みをお持ちのあなたにおすすめです。

どれほどの努力をして実績を残したところで、
まわりから「評価される」ことがなければ、
どんな努力も水の泡となります。

組織内における「評価」とは何か?
「評価される人」になるにはどうすればいいのか?
具体例を踏まえ、その原理原則から複雑多岐にわたる
コミュニケーションの問題までわかりやすく解説。

会社人生、はては世の中で成功するために
不可欠なノウハウが満載の一冊!!



◆目次メモ


1章 評価される人になるための大原則
 評価される人は、とことん相手を喜ばせている
 評価される人は、自己アピールをしない
 評価される人は、自分は優秀だと自己暗示をかけている
 評価される人は、常に相手を観察している
 評価される人は、分け隔てなく人と接する
 評価される人は、自分から先に折れる
 評価される人は、自分から提供する
 評価される人は、小さな自尊心を捨てる
 評価される人は、人に質問する
 評価される人は、思い込みの枠を作らない

2章 評価される人になるための上司とのコミュニケーション
 評価される人は、他者を先に認める
 評価される人は、上司の指示を最優先している
 評価される人は、上司より出過ぎない
 評価される人は、上司の自尊心を傷つけない
 評価される人は、上司の本心を見抜いている
 評価される人は、理不尽な上司でも前向きに対応する

3章 評価される人になるための習慣
 評価される人は、知ったかぶりをしない
 評価される人は、他人の名前を覚えるのが速い
 評価される人は、「謙虚さ」を忘れない
 評価される人は、他人に責任を転嫁しない
 評価される人は、他人に嫉妬しない
 評価される人は、会話の主役を見極めるのがうまい
 評価される人は、「好き」になる術を持っている
 評価される人は、感謝の気持ちを忘れない

4章 評価される人になるための考え方
 評価される人は、綺麗な「言葉」を使っている
 評価される人は、報告の仕方がうまい
 評価される人は、人を憎まない
 評価される人は、「NO」と「嫌」を言わない
 評価される人は、相手の立場に立って考える
 評価される人は、「怒り」をコントロールしている
 評価される人は、自慢と正義を語らない
 評価される人は、期限を守る
 評価される人は、嫌いな感情に理由づけしない
 評価される人は、勝者にエールを送っている

5章 評価される人になるための行動
 評価される人は、他人の間違いを指摘しない
 評価される人は、事実だけを冷静に分析する
 評価される人は、無駄に詮索をしない
 評価される人は、他人の批判なんて気にしない
 評価される人は、トラブル対応がうまい
 評価される人は、結果に執着しない
 評価される人は、失敗を恐れない
 評価される人は、応援してくれる味方がたくさんいる
 評価される人は、「For You」の精神を持っている

◆著者の履歴 横山信治[ヨコヤマノブハル]


SBIモーゲージ取締役執行役員常務。
1982年、日本信販(現三菱UFJニコス)に入社。
営業成績全国最下位のダメ営業マンから、全国NO.1営業マンへ。
2001年5月に日本初のモーゲージバンク(証券化を資金調達手段とした
住宅ローン貸出専門の金融機関)であるSBIモーゲージ
(当時はグッドローン)の設立に参加。
SBIモーゲージは当初4人でスタートしたが、現在、従業員250人、
店舗数120、融資残高1兆円に成長。「フラット35」の取扱高は全国NO.1。
これまで2万人以上のビジネスパーソンと接し、3,000人以上の採用面接
に立ち会う中で、多くの優秀かつ能力のある人たちが、まわりから評価
されず仕事にやる気をなくして去っていくのを残念に思ってきた。
自分自身も営業成績トップにもかかわらず左遷されるなど、
辛酸を嘗めるような思いをしたこともあり、その経験から
1人でも多くの人に「評価される」技術を身につけて、悩みを解消して
ほしいという強い願いからこの本を執筆。
著書に『仕事に幸せを感じる働き方』(あさ出版)がある。

◆著者の『成功哲学ブログ』はコチラ


>> 横山信治 - MSNドニッチ! 連載コラム「成功哲学」

◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆合わせて読みたい本はコチラ


仕事に幸せを感じる働き方
仕事に幸せを感じる働き方横山 信治

あさ出版 2010-12-10



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

北尾吉孝氏(SBIホールディングス 代表取締役CEO)推薦!
仕事で迷っている人、転職を考えている人、仕事を楽しみたい人、必見!

著者が面接した3000人中、
「転職先で活躍できる」と感じられたのはわずか10人。
その10人に共通する「考え方」とは?

「その考え方を身につければ、
今の職場で、夢は必ずかなえられます。
年収も上がることをお約束します」

元最年少プロ落語家(小学校6年生)、
現上場企業役員の語る、
今の仕事と前向きにつき合える方法!

笑福亭鶴瓶や、立川談志など、
著者が落語家時代に見たプロフェッショナルの仕事に向き合う姿勢からも、
ビジネスのヒントが見えてくる!


では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

【書評】日本人特有の弱点?『「超」入門 失敗の本質』 鈴木博毅

◆「超」入門 失敗の本質


◆日本軍と現代日本に共通する弱点!


本の裏表紙には、こう書かれています。

 名著『失敗の本質』を
 現代日本の問題と重ね合わせて
 23のポイント、7つの視点から
 ダイジェストで読む。

続いて、序章の最初の文章。

 「『失敗の本質』って、ビジネスにどう使えますか?」
 ある経営者の方から、私が以前受けた質問です。
 ・・・
 実際に読んでみて、ヒントはあると感じるが、具体的に
 どう自分の会社に活かしていいのかわからない、と。
 本書が名著『失敗の本質』から、私がビジネス戦略・組織論の
 コンサルタントとしてどのようなことを学び、仕事の現場で
 活かしてきたかを解説しながら、皆さんとともに学んでいく
 書籍です。

序章を読むと、著者の思いが伝わり、期待が高まる内容になって
います。

所々、著者の面白いアイデアで最近の世の中の動きを読み解いて
いますが、全体的には冗長で繰り返し的な内容も多く含まれています。

その理由を著者はこう解説しています。

 『失敗の本質』は素晴らしい示唆を豊富に含みながら少し難解であり、
 最後まで読み通した方、完全に理解できる方は少ないかもしれません。
 本書はポイントをダイジェストでまとめ、忙しいビジネスパーソンが
 『失敗の本質』を仕事で役立てられることを目的としています。

というこで、『失敗の本質』の解説版という位置付けでもあるようです。

その中で、日米企業の比較は、身近な内容であり、
結果の後追い解説版としても、面白いまとめ方となっています。

◆マイクロソフトが世界制覇できた戦略

・新しい指標を発見することは、戦略そのものを発見することになる。
・新しい指標を使いこなすことで、圧倒的な勝利が得れる

勝者:マイクロソフト
指標:プラットフォーム戦略(ソフトの互換性、ネットワーク効果) 
結果:従来の指標を覆す指標で圧倒的に勝利する

敗者:その他企業(日本企業、初期のアップル)
指標:製品単体の性能強化戦略(高性能、高価格)
結果:古い指標を追い続け、新たな指標に敗北する

◆ビル・ゲイツの成功を横から眺めていたジョブズのイノベーション

ジョブズのアップルの成功は、誰でもが知るところです。
しかし、当初は、Nextコンピュータという高性能・高価格で勝負し、
マイクロソフトとの勝負に敗れ、アップルを追い出されました。

しかし、そこから見事な復活を遂げています。
それがイノベーションを創造する3ステップです。

◆イノベーションを創造する3ステップ
・ステップ1: 勝敗を支配している「既存の指標」を発見する
・ステップ2: 敵が使いこなしている指標を「無効化」する
・ステップ3: 支配的だった指標を凌駕する「新たな指標」で戦う

これをスティーブ・ジョブズの復活劇に当てはめてみると、

ステップ1 「既存指標」の発見
 ・工業製品的なデザイン
 ・処理能力や価格競争
 ・商品単体で完結する機能性
 ・通話や通信の高い技術

ステップ2 敵の指標の「無効化」
 ・お洒落なデザイン(iMac、iPod、iPhone、iPad)
 ・感覚的な操作性(同上)
 ・ネットワーク型の利便性(iTunes Store)
 ・オープンソースなアプリ開発(iMac)

スッテプ3 「新指標」で戦う
 ・プラットフォーム化し、技術競争、価格競争からは一線を引く

それに対して、日本の電化製品や携帯電話は、効果を失った指標を
追い続けています。その結果は皆さんご存じの通りの状況です。

その他にも、次のような企業が紹介されています。

・インテル(メモリメーカーからCPUメーカーへ変身)
・ホンダ(米国でのスーパーカブの大ヒット)
・伊奈食品(寒天の用途拡大戦略で創業以来、48年間連続増収増益)
・コダックと富士フィルム(イノベーションへの対応の違い)

・日産の復活(日産リバイバルプラン)
・コンチネンタル航空(コスト削減から機内の清潔さと到着時刻に指標を変更)
・コンコルド(サンク・コストで中止できなかった事例)

・はやぶさ(コンティンジェンシー・プランの用意)

ビジネスパーソンの方は、一度は目を通しておくことをオススメします。

◆本日のオススメ!


「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ
「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ鈴木 博毅

ダイヤモンド社 2012-04-06



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

★累計52万部の組織論の名著を23のポイントからダイジェストで読む!
★『失敗の本質』の著者・野中郁次郎氏推薦!
「本書は日本の組織的問題を読み解く最適な入門書である」

■なぜ日本は同じ過ちを繰り返すのか?

今、ロングセラーの古典『失敗の本質』が再び脚光を浴びています。
震災や原発事故への国の不十分な対応、リスク管理、情報の隠蔽……。

また、長年日本を牽引してきたソニーをはじめとする製造業の混迷、
国際競争の中で次々と日本企業が敗れていく現実を前に、
『失敗の本質』が明らかにした、日本的組織の特性に再度注目が集まっています。

■日本軍と現代日本に潜む共通の構造

『失敗の本質』は大東亜戦争において、
米軍より物量や技術面で劣っていたのではなく、
日本という組織が持つ構造的・精神的な特性こそが
最大の敗因であることを明らかにしました。

戦局の前半で快進撃を続けた日本軍は、
数々の作戦の失敗から学ぶことなく、雪崩を打って敗戦へと向かいますが、
その裏では、組織が陥りやすい意思決定の矛盾や、
大本営と現地とのコミュニケーション不全といった
極めて今日的な問題が起きていたのです。

そうした日本的な組織の特性は、戦後の日本組織一般にも
無批判に継承され、今日の日本企業の凋落と衰退を
生み出す大きな要因となっています。

■途中で挫折した人でも大丈夫!

『失敗の本質』は素晴らしい示唆を含みながらも難解で、
最後まで読み通せた人、きちんと理解できた人は少ないかもしれません。

そこで、本書は若手戦略コンサルタントが23のポイントに整理して、
日本軍と日本企業が直面する「共通の構造」を、
普通のビジネスマンでも理解できるようにやさしくまとめた本です。
みなさんが所属するあらゆる組織への応用も可能です。

「あのとき」と変わらない日本人が陥る思考・行動特性を
明らかにした名著には、組織再生、日本再生へのヒントが満載です。



◆目次メモ


序章 日本は「最大の失敗」から本当に学んだのか?
 ざっくり知っておきたい戦史
 失敗例としての「6つの作戦」
第1章 なぜ、「戦略」が曖昧なのか?
 01 戦略の失敗は戦術で補えない
 02 「指標」こそが勝敗を決める
 03 「体験的学習」では勝った理由がわからない
 04 同じ指標ばかり追うといずれ敗北する
第2章 なぜ、「日本的思考」は変化に対応できないのか?
 05 ゲームのルールを変えた者だけが勝つ
 06 達人も創造的破壊には敗れる
 07 プロセス改善だけでは、問題を解決できなくなる
第3章 なぜ、「イノベーション」が生まれないのか?
 08 新しい戦略の前で古い指標はひっくり返る
 09 技術進歩だけではイノベーションは生まれない
 10 効果を失った指標を追い続ければ必ず敗北する
第4章 なぜ、「型の伝承」を優先してしまうのか?
 11 成功の法則を「虎の巻」にしてしまう
 12 成功体験が勝利を妨げる
 13 イノベーションの芽は「組織」が奪う
第5章 なぜ、「現場」を上手に活用できないのか?
 14 司令部が「現場の能力」を活かせない
 15 現場を活性化する仕組みがない
 16 不適切な人事は組織の敗北につながる
第6章 なぜ、「真のリーダーシップ」が存在しないのか?
 17 自分の目と耳で確認しないと脚色された情報しか入らない
 18 リーダーこそが組織の限界をつくる
 19 間違った「勝利の条件」を組織に強要する
 20 居心地の良さが、問題解決能力を破壊する
第7章 なぜ、「集団の空気」に支配されるのか?
 21 場の「空気」が白を黒に変える
 22 都合の悪い情報を無視しても問題自体は消えない
 23 リスクを隠すと悲劇は増大する

◆著者の履歴 鈴木博毅(すずき・ひろき)


1972年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論、マーケティングコンサルタント。MPS Consulting代表。大学卒業後、貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略論や企業史を分析し、負ける組織と勝てる組織の違いを追求しながら、失敗の構造から新たなイノベーションへのヒントを探ることをライフワークとしている。わかりやすく解説する講演、研修は好評を博しており、顧問先にはオリコン顧客満足度ランキングでなみいる大企業を押さえて1位を獲得した企業や、特定業界での国内シェアNo.1企業など成功事例多数。ガンダムをビジネスに置き換えて解説したガンダム・ビジネス本シリーズは、楽しく組織論を学べる書籍として大いに話題を呼ぶ。著書に『ガンダムが教えてくれたこと』『シャアに学ぶ逆境に克つ仕事術』(共に日本実業出版社)、『超心理マーケティング』『儲けのDNAが教える超競争戦略』(共にPHP研究所)がある。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ
>> 鈴木博毅公式ブログ

◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆合わせて読みたい本はコチラ


失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)戸部 良一 寺本 義也 鎌田 伸一 杉之尾 孝生 村井 友秀 野中 郁次郎

中央公論社 1991-08
売り上げランキング : 196


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

敗戦の原因は何か? 今次の日本軍の戦略、組織面の研究に新しい光をあて、日本の企業組織に貴重な示唆を与える一冊。 (超ロングセラーで名著と言われている本です!)

失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇
失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇野中 郁次郎

ダイヤモンド社 2012-07-27



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

率先垂範の精神を欠くリーダー、硬直化した官僚的組織、プロフェッショナリズムの誤解―日本の企業・政府が「失敗の拡大再生産」のスパイラルに陥ってしまったのは、傑出したリーダーが出現しないからだ。いまこそ、戦争という有事におけるリーダーシップを検証すべきである。

では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

【書評】長生きは苦しみか?『思い通りの死に方』 中村 仁一、久坂部 羊

◆思い通りの死に方


◆死にたくても死ねない「長寿地獄社会」到来!


本書は、老人医療に関わる現役の(老)医師2名の放談です。

内容は、痛快というか、言いたい放題で、
現在の老人医療のおかしな点や変な点を述べあっています。

これが、どれも的を得た内容なので、実に面白い!
思わず、そうだ、そうだ、と相槌を打ってしまいます。

二人ともそれなりの年齢ですから、怖い物ナシで、
キレイ事ではない、本来あるべき姿を主張しています。

そもそも、老化は病気ではないから、医療では治らない!

言葉ではわかっているつもりでも、誰もがも病院へ行って、
薬も出してもらい、「老化の治療」を行っています。

自分のこと、家族のことだと、真実が見えなくなるのですね。

老化の実態はこんな感じです。

 あちこち痛いし、目も耳も悪い読書も音楽も楽しめない。
 旅行にも行けないし、美味しいものを食べてもむせて飲み
 込めない。家族には邪魔者扱いされて、臭いとか鬱陶しい
 とか言われる。何が楽しいんですか?

多くの人が当たり前に長生きするようになり、
その弊害が出て、長生きが苦しい時代に入っているのです。

自分が老人になり、いざとなった時にどうしたいのか?

例えば、自分の口から食べれなくなった時に、
胃婁(いろう)までして、寝たきりになり、体が干からびた
状態になり、意思表示ができない状態でも、生き延びたいのか?

それとも、そこが自分の寿命を考え、そのままにしておいて
自然死を望むのか?

家族まかせではなく、自分の老後の死に方を自分で決める
ことが必要な時代になったようです。

または、親が突然「認知症」と診断され、アタフタすること
になるのは、どこでも起きうることです。
その時、あなたは、どう考えて対応するのか。

自分の始末を、自分でつけること必要となった現在、
読んでおいた方が良い一冊だと思います。


◆本日のオススメ!


思い通りの死に方 (幻冬舎新書)
思い通りの死に方 (幻冬舎新書)中村 仁一 久坂部 羊

幻冬舎 2012-09-28
売り上げランキング : 229


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

人生の最終局面を、どう生きれば満足できるか?
現役医師2人がホンネで語る、老いが楽しくなる生き方。

何歳まで生きたいですか?
大往生は万人の願望。
マスコミは90歳を超えても元気な「スーパー老人」をもてはやし、
死ぬまで健康であるべきだという圧力は強まる一方だが、
いま現実はどうなっているのか。

現役医師2人が、誰も本当のことを言わない高齢者の
生き方・老い方・逝き方を赤裸々に語り合った。

アンチエイジングを謳い、高齢者を飯の種とする医療界はどこまで信用できるか?
そもそも医者の多くがなぜがんになるのか? 大往生は可能なのか? 等々、
遅かれ早かれ誰もが直面する生死の真実。



◆目次メモ


第1章 長生きは、怖い
 死にたくても死ねない「長命地獄社会」
 不調を「病気のせい」と言われ、喜ぶ高齢者
 医者の仕事は「病人づくり」
 「気持ちに体を」ではなく、「体に気持ちを」合わせる
 「効かないわけはない!」と信じるサプリメントを飲むべし
 「スーパー老人」は例外中の例外
 痴呆は認めず、認知症なら受け入れる家族
 早く死んだほうがいい現実もある
 「長生きはすばらしい」という大本営発表

第2章 医者は信用できるのか

 90歳への心肺蘇生は正しいのか
 「いい看取り」かどうかは死んだ人間のみぞ知る
 不自然な延命治療に絶望した日々
 医者は治療の苦しみがわからない
 診断できても治療はできない
 「何もしない」という治療もある

第3章 自然死は、怖くない

 親は延命治療するが自分はイヤ
 「自然死=不幸な死に方」ではない
 「老人は乾いて死ぬのがいちばん苦しまない」
 自然死を書くごしたら回復した実父
 死に時に死なせるのが本当の親孝行
 「余命6カ月と言われたらエクササイズ」で人生を謳歌する
 孤独死は理想的な最期

第4章 なぜ「死ぬのはがんに限る」のか
 がんにならない唯一の方法は、なる前に死ぬこと
 がんを放置するのは何歳から?
 84歳で胃がんが見つかり、94歳で元気に死んだ祖母
 病名を「知らずにいる権利」もある
 がんは死の許可証
 「足腰を 鍛えに鍛えて がんになり」

第5章 医者もがんになるのはなぜか
 国立がんセンターの医者もがんで死んでいる
 「医療にかかわるな」に対する医者からの反応は?
 がん検診したグループのほうが死亡率が高かった
 人間ドッグが保証する健康は「当日限り」
 健康人の8割は不健康と判定する人間ドッグ
 自分の体のことは自分がいちばんわかる
 なぜ医者のコミュニケーション能力は低いのか
 医者に学力と人間力を求めるのは酷な話

第6章 患者に「嘘の希望」を与えるな

 新薬のニュースはあれど「現物」は出てこない
 研究よりお金集めに奔走する医者の懐事情
 なぜ医者は患者に「幻想」を与えるのか
 マウスで成功しても人間に効くわけではない
 新発見が治療に結びつくわけではない
 不幸の再生産をとめる手段はあるか

第7章 尊厳死の理想と現実

 「頼むから死なせてくれ」が尊重されない日本
 臓器移植反対派も、自分の子供には「移植して欲しい」
 胃婁を受けた患者は「ただ死なないだけ」
 「胃婁したら口から食べられる」は「この株は絶対儲かる」と同じ
 人間にとって本当の尊厳とは何か

第8章 思い通りの死に方

 長生きしている人々は「たまたま」長生きだったにすぎない
 人生を振り返る作業は早いほうがいい
 棺桶に入って初めてわかること
 明日死んでも悔いのない生き方をする
 どうすれば老いを受け入れられるか
 プラス思考をする人は回復が早い
 死に方は巡り合わせで決まる
 努力するほどマイナスに働く。それがガン治療
 悲惨な死から学べること
 納得のいく生き方をすれば、死に方はどうでもよくなる
 大往生とは何か
 大往生するための条件

◆著者の履歴 


中村仁一[ナカムラジンイチ] 1940年長野県生まれ。社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長、医師。京都大学医学部卒業。財団法人高雄病院院長、理事長を経て、2000年2月より現職。1996年から市民グループ「自分の死を考える集い」を主宰。主な著書に『大往生したけりゃ医療とかかわるな』(幻冬舎)、『老いと死から逃げない生き方』『幸せなご臨終』(ともに講談社)がある。

久坂部羊[クサカベヨウ] 1955年、大阪府生まれ。作家・医師。大阪大学医学部卒業。2003年、小説『廃用身』でデビュー。『破裂』『無痛』がベストセラーとなる。他の作品に『神の手』『第五番』、新書に『大学病院のウラは墓場』『日本人の死に時』がある。


◆著者の『YouTube』はコチラ


>> 中村仁一氏 大往生したければ、医療とかかわるな - YouTube


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆合わせて読みたい本はコチラ


大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)
大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)中村 仁一

幻冬舎 2012-01-28



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

死ぬのは「がん」に限る。ただし、治療はせずに。

3人に1人はがんで死ぬといわれているが、医者の手にかからずに死ねる人はごくわずか。
中でもがんは治療をしなければ痛まないのに医者や家族に治療を勧められ、
拷問のような苦しみを味わった挙句、やっと息を引きとれる人が大半だ。
現役医師である著者の持論は、「死ぬのはがんに限る」。
実際に最後まで点滴注射も酸素吸入もいっさいしない数百例の「自然死」を見届けてきた。
なぜ子孫を残す役目を終えたら、「がん死」がお勧めなのか。
自分の死に時を自分で決めることを提案した、画期的な書。

日本人の死に時―そんなに長生きしたいですか (幻冬舎新書)
日本人の死に時―そんなに長生きしたいですか (幻冬舎新書)久坂部 羊

幻冬舎 2007-01



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

何歳まで生きれば“ほどほどに”生きたことになるのか?

長寿をもてはやし抗加齢に踊る一方で、
日本人は平均で男6.1年、女7.6年間の寝たきり生活を送る。
多くの人にとって長生きは苦しい。人の寿命は不公平である。
だが「寿命を大切に生きる」ことは単なる長寿とはちがうはずだ。
どうすれば満足な死を得られるか。
元気なうちにさがしておく「死ぬのにうってつけの時」とは何か。
数々の老人の死を看取ってきた現役医師による“死に時”のすすめ。

では、また。




◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

【書評】努力を見ている人は必ずいる!『人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない』見城徹 藤田晋

◆人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない


◆相手に対して正直に、素直に人と付き合う!


本書は、幻冬舎の有名社長・見城徹氏とサイバーエイジェントの
若手社長・藤田晋氏が、35個のテーマに対して持論を述べ合う
共著です。これが面白い!

前作は、『憂鬱でなければ、仕事じゃない』。今回は、その続編です。

期待通りに、見城氏は激しく・攻撃的な口調で本音トークを語り、
藤田氏は表面上は穏やかに、しかし熱いトークを繰り広げています。

テーマ(お題)を見城氏が考え、それに対する原稿を先に書く。
それを受けて、藤田氏が自分の考えを後から書く、といったスタイル。

年が20歳も離れた二人が、迎合なし、社交辞令なし、お世辞なし、
意見の一致など全く考えずに、お互いが自分の信じる持論を本音で
繰り広げているから、なかなか、おもしろいです!

自分を飾らず、相手に対して常に正直、素直に、自分の言葉で語る。
その言葉には、読む人を引き付ける力、刺激に満ちています。

本書のタイトルとなっているテーマは、第5章「成長を止めない」
の中に収められています。

 人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、
 がっかりするほど見ていなくはない

見城氏のコメント。

 人は自分が評価されていないと思うと、
 すぐに肩を落とす。
 しかし、それは過剰反応だ。
 努力を見ている人は必ずいる。
 その事実は、努力が実った時しかわからない。

 僕は努力が報われないと、落胆するほうだ。
 若い頃は、特にそうだった。
 そういう時は、いつもこれを自分に言い聞かせてきた。

藤田氏のコメント。

 これは仕事をするうえで、心のバランスを取るのに
 すごくいい言葉だと思います。
 特に若い頃はそうですが、自分の仕事が注目されないと
 不安になる。まわりから活躍されていると思われ、評価
 されている感覚がないと厭なのです。一度高く評価された
 ことのある人だと、よりその傾向は強い。

 人は表向きより、ずっと強い自意識を持っています。
 ネットの世界では、誰もが「自分」を優先させます。
 「何かを見たい」ではなく、「誰が自分を見ているか」が
 最大の関心事です。これは、ネットを分析していると気づ
 く、人間の根深い欲求です。
 でも、仕事をはじめ、社会生活を営むうえで、
 そういう欲求を強く出すのは困りものです。

 人の評価にあまり気を揉むべきではありません。
 それは巡り合わせぐらいに思って、ちょうどいいのだと
 思います。

「刺激のある言葉」、に触れたい人にオススメの一冊!


◆本日のオススメ!


人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない
人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない見城 徹 藤田 晋

講談社 2012-04-12



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

大ベストセラー『憂鬱でなければ、仕事じゃない』から一年―。
あなたの仕事への情熱を、「たった一人の熱狂」に塗り変える35の言葉。

第1章 自分を追い込め
第2章 人付き合いの基本
第3章 仕事で勝つ心掛け
第4章 日々の過ごし方
第5章 成長を止めない
第6章 誰とも違う自分へ

誰も教えてくれない「何が大切で何が無駄か」の見極め。 
見城徹+藤田晋の黄金コンビによるパワフルで役に立つ人生の羅針盤!

出版界とIT業界、二人のカリスマ経営者によるベストセラー
「憂鬱でなければ仕事じゃない」に続く待望の第二弾です。

若いビジネスマンに働く上での精神的心構えを熱く説いて
大反響を読んだ前作から、さらにパワーアップ。

ビジネスだけにとどまらず、より日常の局面において、人として
まっとうに生きていく上で、何が大切で何が無駄かを、見城氏に
よる35の言葉を藤田氏が紐解きながら読者に提示していきます。



◆目次メモ


第一章 自分を追い込め 
 考えに、考えて、考え抜け
 今日と違う明日を生きろ
 蝶のように舞い、蜂のように刺せ
 縛りがあるから面白い
 居心地の悪いところに宝あり  

第二章 人付き合いの基本
 感想こそ人間関係の最初の一歩
 秘書にレストランを予約させるな 
 友情だけはギブアンドテイク
 年賀状は出すな
 情けあるなら、今宵来い

第三章 仕事で勝つ心掛け
 ヒットしたものはすべて正しい
 成功は失敗の基
 会議には懐疑的
 横綱ではなく、十勝五敗を続ける大関を目指せ
 朝令暮改で行こう 
 メモする−見る−メモする−見る−メモする
 独占は成功の母 

第四章 日々の過ごし方 
 早朝に永遠が見える
 ハマらなければ始まらない
 わが友、不眠症
 一喜一憂は生きている証
 日曜はダメよ
 講演会、養成講座、人材交流会はビジネスマンの三悪
 犬も歩けば企画に当たる 

第五章 成長をやめない
 ギャンブルには手を出せ
 人は一つの人生しか生きられない
 人は自分が期待しているほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない
 たった一人で熱狂せよ
 「負ける」と「負けている」は全くの別物である
 僕は秩序の敵であるとおなじに君たちの敵だ

第六章 誰とも違う自分
 今日は命を捨てる日さ
 悪名は無名に勝る
 死ぬ瞬間にしか結果はない
 絶望しきって死ぬために、今を熱狂して生きろ
 生きることは死ぬことと見つけたり

◆著者の履歴


見城 徹[ケンジョウトオル]
1950年静岡県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。
75年角川書店入社。
93年同社を退社し、幻冬舎を設立。2003年ジャスダック上場。
2011年MBOにより上場廃止。

藤田 晋[フジタススム]
1973年福井県生まれ。青山学院大学経営学部卒業。
97年インテリジェンス入社。
98年同社を退社し、サイバーエージェントを設立。
2000年史上最年少二十六歳で東証マザーズ上場。

◆著者の見城徹の『公式ブログ』はコチラ


>> 株式会社幻冬舎 代表取締役社長 見城徹オフィシャルブログ「ケンケンかく想いき

◆著者の藤田晋の『公式ブログ』はコチラ


>> 渋谷ではたらく社長のアメブロ


◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆合わせて読みたい本はコチラ


憂鬱でなければ、仕事じゃない
憂鬱でなければ、仕事じゃない見城 徹 藤田 晋

講談社 2011-06-14



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小さなことにくよくよしないで、大きな仕事ができるわけがない。
「極端」こそわが命。憂鬱なことが三つ以上ないと不安になる見城徹と、
たぎる情熱をクールなオブラートに包んで激しくスウイングする藤田晋―。

ふたつの魂が交錯した瞬間、とてつもないビジネスマンの聖書が誕生した!
何が大切で、何が無駄か?あなたの臓腑をえぐる35の言葉。

では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする