2011年11月27日

【書評】人生は自己との戦いである!『私が野球から学んだ人生で最も大切な101のこと』 野村 克也

◆私が野球から学んだ人生で最も大切な101のこと


◆野球を究めれば、人生を語れる!



元プロ野球監督である野村克也氏が50年以上にわたり関わってきた
野球から学んだ、人生論の集大成が語られている一冊です。

そこには、含蓄のある言葉が次から次へと並んでいます。

どの言葉に感じいるかは、人によって、それぞれであり、
さらに同じ人でも、置かれている状況に応じて変わるでしょう。

言えることは、どんなビジンスパーソンにも、共感する部分と
悩んでいることへのヒントを見つけられるということ。

若手の方よりは、ある程度経験を積まれた人の方が、中身の
重みを感じることができるのではないでないでしょうか。

できれば、自分の本棚に座右の銘として置きたい一冊です。


また、本書にカテゴリー分けは、次の通り。

・プロフェッショナル論
・リーダー論
・チーム・組織論
・勝負論
・人生論

まずは、興味のある部分から読んでみてはいかがでしょうか。

例えば、こんなことが書かれています。


進む時は上を向いて進め。
暮らすときは下を向いて暮せ。
過去を思い出して笑え。(P12)


自分の最大の敵は自分自身。
それに打ち勝てるかどうかで人間が試される。(P180)

 人は、自分がかわいいゆえ、つい易きにつこうとする。
イージーな道を選択してしまう。そして低いレベルで自己満足
しようとする。しかし、それでは人に認められるような仕事は
残せない。くじけそうになる自分自身に打ち勝たなければなら
ないのだ。それができるかどうかで、その人間の「器」が決まる。
自分の最大の敵は自分自身であり、それにうち勝てるかどうか
で、その人間の器が試されるのだと思う。(P181)



◆本日のオススメ!


私が野球から学んだ人生で最も大切な101のこと
私が野球から学んだ人生で最も大切な101のこと野村 克也

海竜社 2011-07



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

知将が50年以上の野球理論から導いた「人間学の集大成」。

野村流・意識改革で、人はこんなに変わる、成長する―。



◆目次メモ


第1章 超二流への道―「プロフェッショナル論」確実に成長し、社会で生き延びるために 
 野球選手が「野球バカ」でいいというのは嘘。「思想」のない者は、決して大成しない
 将来性で売り込める時代ではない。即戦力になることを一つ身につける
 そつない平均点選手になるよりも、自分にしかないものに磨きをかけろ
 最初はモノマネから入って工夫し、自分の「形」にすればよい
 「限界」と「未熟」をはき違えてはいけない。限界にぶち当たったときこそが本当のスタート ほか

第2章 人を育てる―「リーダー論」人をつくり、素質を見つけ、能力を活かす
 信は万物の基をなす。信頼関係がなければ何も成し遂げることはできない
 選手の意識改革に取り組むことが、真の信頼関係の構築につながる
 残した人材で評価される指導者。人を残すを上とする
 期待しているからこそ、ぼやく。ぼやきは理想主義の証しである。
 年齢ではなく、情熱や勝負の執着心、リーダーとしての資質で判断すべきだ ほか

第3章 上昇し続ける組織づくり―「チーム・組織論」組織が組織として機能するために
 チームワークの構築には、目的意識の共有が不可欠である
 よい結果は、よいプロセスから生まれる。組織づくりにおいてもプロセスを重視せよ
 集団があるところには、おのずと管理が発生する
 個人技というものは継承されにくい。組織としての強さを志向せよ
 個々の戦力で劣っていても、優勝するに、ふさわしいチームを作ることはできる ほか

第4章 勝利の法則―「勝負論」弱者でも勝てる道、生き残る道は必ずある
 困ったとき、迷ったときこそ、「原理原則」に立ち返って判断する
 勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし
 重要な場面であればあるほど、欲から入って欲から離れよ
 第六感とは執念のヒラメキ。根拠ある開き直りがそれを呼び寄せる
 小事が大事を生む。だから小さな失敗ほど厳しくチェックする ほか

第5章 さらなる飛躍を求めて―「人生論」人生は自己との戦いである
 努力には即効性がない。しかし努力は絶対に無駄にならない
 人生に到達点はない。限定、満足、妥協は三大禁句
 固定観念は悪、先入観は罪。新しいことをマスターしてこそ人は変わることができる
 他人の評価こそが人生を導いていく指針である
 人間とって最大の悪は鈍感である。感じる力を持っている人間は絶対に伸びる ほか

◆著者の履歴 野村克也[ノムラカツヤ]


935年生まれ。現役時代は南海ホークス、ロッテオリオンズ、西武ライオンズで活躍。
通算試合出場数は歴代一位。通算安打数および通算本塁打数は歴代二位。
引退後はヤクルトスワローズ、阪神タイガース、アマチュア野球のシダックス、
東北楽天ゴールデンイーグルスの監督を務めた。現在は解説者として活躍。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 野村克也オフィシャルサイト 

◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 【本】「人生で最も大切な101のこと」|人が好き!本が好き!運動が好き!

私が尊敬する野村克也

元東北楽天監督の

懇親の一冊です。


今は星野仙一監督が

頑張っていますが、

野村監督がもう何年か続けていたら

結果を出していたのかなと思うと

残念な限りです。


それはいいとして

この本には

本当にいい事が書いてありますよ!


私が気になったのは第二章

人を育てる《リーダー論》


・選手や部下に好かれる必要はないが信頼されなくてはならない


・・・・



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ


野村の見立て わたしが見抜いた意外な長所・短所
野村の見立て わたしが見抜いた意外な長所・短所野村 克也

東邦出版 2011-06-18



Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。




★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ

posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

【書評】いざという時に相手の心をつかむ言葉はコレ!『仕事をガラリと変える55のパワーワード』 臼井 由妃

◆仕事をガラリと変える55のパワーワード


◆たった「一言」で運とチャンスを呼び込む!


相手に自分の思いを伝えるには「言葉」しかない。
そして、言葉により、自分が品定めを受けているのも事実。
特に、能力や人柄などは、言葉により決まってしまいます。

であれば、相手に自分の思いを伝えるには、
あなたの思いの詰まった「力のある言葉」がカギになります。

そもそも、相手はあなたの言葉や話しを、興味を持って
聞いているとは限りませんので。

しゃべりすぎれば煙たがられ、言葉足らずでは誤解を受ける。

では、どうすれば良いのか?

人の心を動かすのは、相手の立場を考え、
吟味した力のある言葉=「パワーワード」が必要なのです。(P5)

人の心を動かすのは流暢な説明や愛想、お世辞ではなく、
力のある言葉だと理解した、・・(P7)

提案とか提言というのは、
「相手が一番欲しがっている言葉」=「心を揺り動かす言葉」
をぶつけることがスタート。(P9)

多くを語るほど一つひとつの言葉の重みはなくなり、
内容もぼけてしまいます。(P11)


いかがでしょうか?
皆さん、納得されるのではないでしょうか。

本書は、著者が20年にわたる経営経験の現場で学ばれた、
「パワーワード」をシチュエーション別に網羅されたものです。

どれも、なるほど、と納得できる言葉集となっています。

ここぞという時の「決めゼリフ」を本書から学びましょう!


◆本日のオススメ!


仕事をガラリと変える55のパワーワード
仕事をガラリと変える55のパワーワード臼井 由妃

青春出版社 2011-10-29



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

人の心を動かすのは、
流暢な説明でも巧みな話術でもなく、「力のある言葉」。

本書では、20年にわたる波乱万丈の経営経験の中で、
著者が実際に使い、状況を好転させてきた「パワーワード」を、
シチュエーション別に網羅した。



◆目次メモ


第1章 結果を出す自分に変わるパワーワード
 ○○に気づかせてくれてありがとう
 ○○については私に任せてください ほか
第2章 人を動かすパワーワード
 △△だったら○○さんだね
 失敗するのは行動力がある証拠 ほか
第3章 逆境を突破するパワーワード
 このままで終わるあなたじゃない
 無難な仕事では無難な結果しか生まれない ほか
第4章 どんな要求も難なく通すパワーワード
 安いほうでも十分です
 ヒットは多数決から生まれません ほか
第5章 売上がアップするパワーワード
 あなたにしかお薦めしません
 限定品です ほか

◆著者の履歴 臼井 由妃[ウスイユキ]


1958年生まれ。(株)健康プラザコーワ、(株)ドクターユキオフィス代表取締役。
理学博士、健康医学博士、MBA、行政書士、宅建、栄養士。33歳で結婚後、
ガンに倒れた夫の後を継ぎ、専業主婦から健康器具販売会社の社長に転身。
次々にヒット商品を開発。独自のビジネス手法により通販業界で成功を収
め、借金3億円の会社を年商23億円の優良企業に変える。
その躍進がメディアにも紹介され、日本テレビ系「マネーの虎」(放送終了)に
出演し、人気を博す。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> 臼井由妃オフィシャルブログ 臼井社長の幸せバンクBlog 

◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 『仕事をガラリと変える55のパワーワード』|さむらいコピーライティング道

臼井由妃さんの新刊です。

仕事が好転する「パワーワード」を55個、エピソードと
ともに紹介しています。

臼井さんはご主人の後を継いで経営者になってから、
しゃべりすぎても丁寧すぎてもうまくいかなかった
という経験を持ちます。そして、吟味した力のある言葉
(パワーワード)を身につけていったそうです。

短くシンプルだけれど、力のある言葉。相手の心をつかむ言葉。
それがパワーワードです。


「○○に気づかせてくれてありがとう」



業界でも名の通った経営者が、孫のような若者に、
笑顔でこう言ったそうです。


・・・・



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ


人をトリコにする“ひと言添える”作法
人をトリコにする“ひと言添える”作法臼井 由妃

アスペクト 2010-05-24

ほんのひと言や三行ほどの文章が、
想像以上に相手に喜ばれ感謝され、一緒に仕事をしたい、
力になろうと思わせる。
一筆箋は、「ひと手間かける」というおもてなしの心を
もった最高のコミュニケーションツール!
人間関係が驚くほどよくなる最高のテクニックを紹介。
一筆箋で仕事も人生もうまくいく。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。




★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ

posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

【新刊】『30代を後悔しない50のリスト』1万人の失敗談からわかった人生の法則 大塚 寿

◆30代を後悔しない50のリスト


◆人生でもっとも差が開く30代の過ごし方!



三十代は、はじめて表舞台に立つ年代です。
しかし、大きな分かれ道でもあります。

ごまかしの利かない「素の力」で勝負し、
現実と理想のギャップを知る、
人生で「もっとも差が開く十年」なのです。 (序章より)


【内容紹介】

★12万部突破のベストセラー『40代後悔しない50のリスト』の30代編!

■格差は30代でつくられる!

30代は、主役としてはじめて表舞台に立つ年代です。
しかし、これは大きな分かれ道の幕開けでもあります。

年収、転職、起業、結婚、健康、貯金。
格差はこの10年でつくられるのです。

「素の力」で戦うことで見えてくる、現実と理想のギャップ。
仕事でもプライベートでも人生を左右する大きな選択の連続……。

30代は、人生でもっとも差が開く10年なのです。

■人生で「もっとも差が開く10年」の過ごし方

なぜ、30代で差が開くのでしょうか?

20代の見習い期間が終わり、それまでの横並び状態から、
学歴も小手先のスキルも通用しない、
真の実力勝負の総入れ替え戦が始まります。

それまで「自分はできる」と思っていた人も、
公私ともに自分の限界を知っていくシビアな年代です。

人生の土台づくりとなる30代において、
何を選ぶか、どう行動するか、誰と付き合うかで
その後の人生は大きく左右されるのです。

・「何者か」になれた人となれなかった人の違いとは何か?
・「人生設計」に成功した人はどういうやり方をしたのか?
・なぜ真面目だけではうまくいかなかったのか?
・多くの人が「偶然」や「失敗」と向き合えなかったのはなぜか?
・後から振り返って、仕事で本当に必要だと思えるスキルとは何か?
・なぜブレるのか、チャンスに対応できないのか?
・家は買うべきなのか、借りるべきなのか?
・結婚はするべきなのか、独り身でいた人は後悔していないのか?
・金よりやりがいで本当に後悔していないのか?

■等身大でリアルな50の具体策

本書は、著者の大塚氏がリクルートの営業マン時代から現在まで、
1万人以上に成功談・失敗談を聞きまくり、
そこから導き出した「後悔リスト」と、
その具体的な解決法を50個にまとめています。

後悔が集中するというのは、同じ50個の壁の前で、
多くの人が選択や行動を間違えたということです。

著者はそれまでたくさんの成功本を読み、
高額な自己啓発セミナーにも参加しましたが、
実際に役立ったのは、1万人の諸先輩たちの身近な生きざまや
失敗談のほうでした。

あのときこうすればよかった後悔は、
圧倒的に優秀な成功者たちの教えとは大きく違い、
等身大でリアルな「人生の法則」だといえます。

本書には、30代を生きるために知っておくべき黄金の鉄則が
余すところなく書かれています。


◆本日のオススメ!


30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則
30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則大塚寿

ダイヤモンド社 2011-10-28



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

人生の土台となる30代。

先人たちの後悔から導き出された等身大でリアルな50の具体策。

年収・転職・結婚・健康・貯金、格差はこの10年でつくられる。

一生懸命だけではうまくいかない時代、差はどこで生まれるのか。



◆目次メモ


序章 三〇代が人生の土台づくりになる理由
第1章 この一〇年で何より大切にしたいこと
第2章 プロフェッショナルとして絶対に必要なこと
第3章 人生を左右する決断について知っておくべきこと
第4章 「仕事以外」で必ず考えておくべきこと
第5章 「お金のこと」で知っておくべきこと
第6章 揺れ動く心を支えるためにやっておくこと

◆著者の履歴 大塚 寿(おおつか・ひさし)


1962年群馬県生まれ。株式会社リクルートを経て、アメリカ国際経営大学院
(サンダーバード校)でMBA取得。現在、オーダーメイド型企業研修を展開
するエマメイコーポレーション代表取締役。
挫折の多かった10代、「もっとやれるはずだ」という想いと現実との
ギャップに悶々とした20代を過ごした。なんとか現状を変えようと、
リクルートの営業マンという立場から、社内外の大手企業・中小企業の
社員や経営者1万人以上にアドバイスを求める。
諸先輩からの教えや後悔の弁を参考にして、30代でさまざまな決断と成果を
刻む試行錯誤に明け暮れる。30代で起業、結婚、出産、育児、家の購入の
すべてを経験し、人生の土台づくりを行う。また、積極的に地域社会と関わり、
仕事と家庭の両立も行うことで、40代で年収を10倍アップさせた。歴史上の
成功者よりも、身近な人の成功、失敗に学ぶことの合理性を痛感している。
著書に『40代を後悔しない50のリスト」(ダイヤモンド社)、
『リクルート流』『25歳からの社会人力』『職場活性化の「すごい」手法』
(以上、PHP研究所)など多数。

◆著者の『公式ブログ』はコチラ


>> オーダーメイド研修、企業研修のエマメイコーポレーション 大塚寿 公式サイト 

◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 人生で最も差が開く『30代』を後悔しないための5つの考え方|ライフハックブログKo's Style

先人たちの後悔が30代に集まるのには理由があります。
それは、30代が人生の土台であり、この10年で決断し成し遂げたことが、
その後の人生を大きく左右していたという実感です

30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則  P.38


私は現在35歳。

先日「アラフォーだね」と言われ、初めてそうなのかと気付き、急に焦りました(笑)。


本『30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則 』によると、
30代は人生で「もっとも差が開く10年」なのだそうです。

年収・転職・結婚・健康・貯金…。

あなたにも、ストレスを感じるキーワードが1つや2つあるかもしれません。


しかし、あきらめる必要はありません。

先人が30代に後悔したという内容から学び、明るい未来をつくる、最高の30代にしましょう。

上記の本から、『30代』を絶対に後悔しないための5つの考え方をまとめておきます。

・・・・



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ



40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則
40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則大塚 寿

ダイヤモンド社 2011-02-18

40代で年収が10倍、人生の大逆転を果した著者が明かす、
充実した「生き方・働き方」50の具体策。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


25歳からの社会人力
25歳からの社会人力大塚 寿

PHP研究所 2010-03-19

いまや20代でもリストラ候補。
大卒社員の3割、高卒社員の5割が3年以内に職場を追われる時代に、
いかにしてキラリと光る人材になるか。
「リクルート流」サバイバル論の決定版。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。




★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ

posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

【書評】自己啓発で能力は向上するのか?『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』 橘玲

◆残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法


◆自己啓発で成功できるのか?



本書は、次のような思いから書かれたようです。(はじめにより)


グローバルな能力主義の時代を生き延びる方法として、自己啓発
がブームとなっている。ぼくはずっと、自己啓発に惹かれながらも
うさんくさいと感じていて、そのことがうまく説明できなかった。
能力開発によって、ほんとうにすべてのひとが救われるのだろうか。

自己啓発の福音は、次の四つだ。

@能力が開発できる。
Aわたしは変われる。
B他人を操れる。
C幸福になれる。

巷にあふれる自己啓発本では、これらの目標に到達するさまざまな
技術(スキル)が解説されている。でもここでは、そうしたノウハ
ウの優劣を評価するつもりはない。

自己啓発は、正しいけれど間違っている。ぼくたちのこころが進化
の過程でつくられてきたという新しい考え方が、この不思議を解く
糸口を与えてくれる。

・・・

自己啓発の伝道師たちは、「やればできる」とぼくたちを鼓舞する。
でもこの本でぼくは、能力は開発できないと主張している。
なぜなら、やってもできないから。

人格改造のさまざまなセミナーやプログラムが宣伝されている。
でも、これらはたいてい役に立たない。
なぜなら、「わたし」は変えれないから。

(はじめに P11〜P12より)


さて、これを読んで、あなたはどう感じるでしょうか。

なんとなく、自分もそう思っていたんだ・・・でしょうか。
それとも、いやそんなことはないよ・・・でしょうか。

いろいろな事例と根拠を元に、成功哲学が解説されています。

そのエッセンスが次の2つに要約できるそうです。

・伽藍(がらん)を捨ててバザールに向かえ!
・恐竜の尻尾のなかに頭を探せ!

考え方の幅を広げるという意味でも、一読をオススメします。


◆本日のオススメ!


残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法
残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法橘 玲

幻冬舎 2010-09-28



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

ワーキングプア、無縁社会、孤独死、引きこもり、自殺者年間
3万人超など、気がつけば世界はとてつもなく残酷。

だが、「やればできる」という自己啓発では、この残酷な世界
を生き延びることはできない。

必要なのは、「やってもできない」という事実を受け入れ、
それでも幸福を手に入れる、新しい成功哲学である。

自己啓発の伝道師たちは、「やればできる」とぼくたちを鼓舞する。
でもこの本でぼくは、能力は開発できないと主張している。
なぜなら、やってもできないから。

人格改造のさまざまなセミナーやプログラムが宣伝されている。
でも、これらはたいてい役には立たない。
なぜなら、「わたし」は変えられないから。

でも、奇跡が起きないからといって絶望することはない。
ありのままの「わたし」でも成功を手にする方法(哲学)がある。

残酷な世界を生き延びるための成功哲学は、次のたった二文に
要約できる。

伽藍を捨ててバザールに向かえ。
恐竜の尻尾のなかに頭を探せ。

なんのことかわからない? 
そのヒミツを知りたいのなら、これからぼくといっしょに進化と
幸福をめぐる風変わりな旅に出発しよう。(本書「はじめに」より)



◆目次メモ


序章 「やってもできない」ひとのための成功哲学
第1章 能力は向上するか?
第2章 自分は変えられるか?
第3章 他人を支配できるか?
第4章 幸福になれるか?
終章 恐竜の尻尾のなかに頭を探せ!

◆著者の履歴 橘 玲(たちばな れい)


1959年生まれ。作家。2002年、金融小説『マネーロンダリング』
(幻冬舎)でデビュー。「新たな資本論の誕生!」と賞された
『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が、
累計30万部のベストセラーになる。

◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 |活かす読書

「この本は、自己啓発のイデオロギーへの違和感から生まれた。」

「やればできる」という自己啓発系の教えに対し、
「やってもできない(ことも多々ある)」という事実を突きつけ、
進化と幸福をめぐる風変わりな旅にいざなう本書。

コアなファンの多い、橘玲さんの新作です。

ひとつひとつの話しは相変わらず面白い、けど・・・
というのが正直な感想です。

橘さんの違和感から生まれた本を読んで、
逆に違和感を持つ人も多いかもしれません。

「マネーロンダリング」を期待して読んだら
「亜玖夢博士」だったという感じでしょうか。

それは、「はじめに」で提示された結論に、
うまく話しが収束していっていないからかもしれません。

広げた風呂敷がうまく畳まれないというのはよくある話ですが、
シニカルな視点を好む橘さんのファンが、
それを無批判に許容できるとも思えません。

ちなみに、本書の結論とは次の2つ。

  ・伽藍を捨ててバザールへ向かえ
  ・恐竜の尻尾のなかに頭を探せ

この謎めいた2つの結論について、ここで詳しく解説してしまうと、
本書を読む楽しみがなくなってしまうのであえて書きませんが、
伽藍とバザールについては「The Cathedral and the Bazaar」が
元ネタのようですね。

・・・・



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ


大震災の後で人生について語るということ
大震災の後で人生について語るということ橘 玲

講談社 2011-07-30
売り上げランキング : 776
「あの日」を境にルールが変わった。
この不安で残酷な世界を生きるための「新しい設計図」を手に入れろ。
ポスト3.11の人生設計・決定版。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。




 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ

 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

【書評】炎上はどこまで広がるのか?『ソーシャルメディア炎上事件簿』小林直樹

◆ソーシャルメディア炎上事件簿


◆つい「うっかり」が取り返しのできないことに!



情報発信の敷居が低くなり、誰もが自由に意見を発信できるます。
ブログ、ツイッター、Facebook、mixi、などなど。

しかし、個人の自由だからといって、何でも発信して良いわけでは
ありません。その内容によっては、『炎上』という事態に発展します。

例えば、
来店した有名人の中傷やホテルでの宿泊をツイッターで流したり、
AKB48のメンバーがブログで「江口愛実CG説」を暴露したり・・・

ツイッターは匿名なので、
本人は「バレないだろう」「友達に自分だけが知っている情報を教える」
という感覚で、お気軽に流した情報(つぶやき)が、あっという間に、
本人が特定され『炎上』、所属会社が謝罪という事態に発展しています。

つまり、従業員がソーシャルメディア上で個人的に発信した内容が不適切
な場合、バッシングを受け、その勤務先や発信者個人がすぐに特定され、
そのクレームがあっという間に企業に押し寄せ、『大事件』となるのです。

本書は、そういう「30の実話事件」を取り上げ、それらの炎上事件を
6つのパターンに分類、何が人々を怒らせるのかを考察したものです。

その上で、自分自身が「火種」となって炎上しないために、知っておきたい
知識や対策を、個人向け、企業向けに解説してくれます。

スマートホンなどの簡便な情報発信ツールが、ますます流行る中、
企業内において、単なる注意点だけ伝える社員教育だけでは不十分で、
結果としてこういう「炎上」→「謝罪」が起きる具体的な事例を教える
情報リテラシイー教育が必要になってきているのでしょう。

本書にて、過去の失敗に学び、その失敗を自分や会社の中の社員が、
同じような失敗を繰り返さないように気をつけることが重要です。

まさに「口は、災いのもと」ですね! 
特に、暴言や機密情報には、ご注意のほど。

参考に、本書に裏表紙の紹介文を抜粋すると、こんあ言葉が。

ソーシャルメディアで炎上?なんて自分には関係ない。
会社勤めをする、そんなあなたにこそ読んでいただきたい。

同僚と飲みに行くのは会社近くを裂ける。そんな慎重な人も
ツイッターなどのソーシャルメディアへの投稿でついうっかり。
そして炎上。翌日、会社が謝罪する。

いずれも実話であり、
それらを具体的社名で綴ったのがこの事件簿。

12年前から炎上現場を追い続けた専門記者による
炎上回避のための指南書でもある。




出版社様から献本頂きました。ありがとうございます。

◆本日のオススメ!


ソーシャルメディア炎上事件簿
ソーシャルメディア炎上事件簿小林 直樹 日経デジタルマーケティング

日経BP社 2011-08-25



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

アディダスでも、九州電力でも、ウェスティンホテルでも
事件は毎日起きている!

三越伊勢丹の内定者がツイッター暴言で窮地に/イオングループ
役員の“なりすまし"が孫正義に噛み付いた/グルーポン「スカスカ
おせち」騒動/「テレビは地震ばかり」発言でTSUTAYAが謝罪…

「うっかり」ではすまされない!

顧客情報が社員個人のケータイから簡単に漏れ出し、社員やアル
バイトによる“Twitter放言”で企業は謝罪に追い込まれる時代。

あなたの身にも降りかかる、ソーシャルメディア時代特有の“炎上”
トラブル30事例を取り上げ、パターン別に解説。

『匿名なのにナゼすぐ特定されるの?』『鎮火のお手本を教えて』
など、個人のため、会社のための“炎上”防止Q&A付き。



◆目次メモ


第1章 毎月起こるソーシャルメディア事件―事件簿1〜7
 12月−来店した勝間和代さんを飲食店店員がツイッターで中傷
 1月−ウェスティンホテル店員が大物カップルの来店・宿泊を暴露
 2月−三越伊勢丹内定の大学4年生がツイッター暴言で窮地に
 3月−「テレビは自身ばかり」発言でTYTAYAが謝罪
 3月〜4月−東京電力社員ブログが「上から目線」と批判を浴びる
 5月−アディダス店員が来店した契約Jリーガー夫妻を中傷
 6月−AKB48のメンバーがブログで「江口愛実CG説」を暴露!?

第2章 典型的「炎上」パターン6分類―事件簿8〜30
 炎上パターン(1)やらせ・捏造・自作自演
  ・九州電力、原発再開やらせメールで自爆
  ・ソニー「ウォークマン体験日記」3日で閉鎖
  ・TBSが架空のネット掲示板「偽造」に批判
 炎上パターン(2)なりすまし
  ・イオングループ役員騙るツイッターが孫正義氏に噛み付き大暴走
  ・都知事選で石原氏を礼賛?褒め殺し?
 炎上パターン(3)悪ノリ
  ・米ドミノ・ピザ、不衛生な動画に批判殺到
  ・日本のドミノはイケメン投票で逆効果
  ・毎日新聞、英文コラムに低俗記事で信用失墜
 炎上パターン(4)不良品、疑惑、不透明な対応
  ・グルーポン「スカスカおせち」とポンパレ開始初日の炎上劇
  ・東京電力の迷走会見に生中継視聴者が怒り
 炎上パターン(5)コミュニティ習慣・規制の軽視
  ・UCC上島珈琲、告知botがスパム的と批判
  ・エイベックス、2チャンキャラ酷似事件
  ・NTTドコモ、「プッシュトーク」@ミクシィ事件
  ・KDDI、会見用ハッシュタグ巡りプチ炎上
 炎上パターン(6)放言・暴言・逆ギレ
  ・産経記者「民主党さんの思う通りには・・」ツイッター「暴走」で謝罪
  ・店舗、イベント従業員による客への放言・暴言
  ・「ユッケ社長」の逆ギレ、土下座会見、YouTube 配信でイメージ悪化
  ・すべてはここから始まった、東芝ビデオ修理「クレーマー」事件

第3章 炎上防衛Q&A知っておきたい20の知恵
 個人編
  ・匿名で投稿しているのになぜ個人が特定される?
  ・小さな火種が一気に大炎上に発展するのはなぜ?
  ・不用意な発言で失敗しないためには? など
 企業編
  ・「炎上」のターゲットになりやすい企業は?
  ・お詫びする際の注意点は?
  ・「炎上」後の鎮火方法、挽回策は? など

◆著者の履歴 小林直樹[コバヤシナオキ]


1971年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、94年日経BP社入社。
「日経ネットナビ」「日経ビジネスアソシエ」などを経て、
現在「日経デジタルマーケティング」記者。

◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 明日は我が身かも・・・【書評】小林直樹(著)『ソーシャルメディア炎上事件簿』(日経BP)|一流への道

今日ご紹介する本は、「軽い読み物感覚でお読みください」といっていただいた本。
ですが、読んでいて最初は面白かったのですが、ブロガーとしてはだんだん恐ろしく
なってきました。

明日は我が身という・・・

SNSを活用している皆さん。読んでおいたほうがいいですよ。

・・・・

【感想など】

本書は前半部分で、ソーシャルメディアにまつわる炎上事件の実例を30。
そして、後半部分で炎上防衛のための20の知恵を掲載しております。

個人として読むのであれば、前半部分の炎上事件の実例は、「ああ、こんなことあったなぁ」とか、
「なんでこんなことつぶやくの?アホちゃうん」といった感じで、エンタメニュースを楽しむ感覚
で読んでしまいそうなのですが・・・。

これねぇ、人ごとじゃないですよ。

ワタクシもこうしてブログをやってるし、ツイッターもFBも使っているわけで、
いわば明日は我が身。

企業の炎上事件の方が、社会的影響力は大きいでしょうが、会社という組織が守ってくれる
部分もあるので、むしろ個人で炎上したときの方が恐ろしいような気がしました。

・・・・



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ


Twitterアクティブサポート入門 「愛される会社」時代のソーシャルメディアマーケティング
Twitterアクティブサポート入門 「愛される会社」時代のソーシャルメディアマーケティング河野 武

インプレスジャパン 2011-08-24

ザッポスも、ソフトバンクモバイルもすでにはじめている、
ツイッターを使って「消費者を正しく理解する」マーケティング手法。
運用・解析・検索に役立つツイッターツール一覧収録。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★出版を目指す方へのオススメ はコチラ ↓


=================================
 ベストセラー ビジネス書作家 水野俊哉主催

 「出版セミナー 理論編」が、ついに音声ファイル化 !
 
〜 聞いた人の出版が続々と相次ぐ 伝説の出版セミナーとは!? 〜
 
  全国500名以上が受講し、書籍化され大ヒット! 
  
 小人数制ゼミからも15名が出版デビューしている伝説の講義がついに音声化!
==================================
  
「水野俊哉のベストセラービジネス書がすらすら書けるセミナー理論編」(収録3時間)

==================================
  ◆出版セミナー 理論編 音声ファイル お申し込み はコチラ ↓

  お申し込みフォーム  http://form.os7.biz/f/940f0f0d/
 
  お問い合わせ セミナー事務局 happynews@live.jp (金子)まで
=================================

★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 ジャンル別:3位!  にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 ジャンル別:40位  人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ジャンル別:3位! 


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 13:00| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

【書評】古典を今に活かす人生論!『人物をつくる』北尾吉孝

◆人物をつくる


◆真のリーダーに求められるもの!



本書は、2003年に刊行された本を文庫本化したものです。

ですが、不思議と中身は古さを感じさせず、
現在でもそのままの内容で十分通じるものとなっています。

それだけ、人生はいかに生きるべきかについて、古今から変わらない、
人間学や人生哲学の真髄を、古典などから選びぬかれた名言を織り交ぜて、
語られています。

座右の銘として、手元に置いておき、何度も読み返したい一冊です。


本書の「はじめに」からの抜粋には、こう書かれています。

 本書では、私の三度の講和「惜命」「仕事観」「指導者」を第一部、
 また私が毎月、その時々の時事を論評したり、業務における留意点
 などを話した訓話を第二部としております。

 私自身の体験や経験を紹介することで、
 「二度とない人生をいかに生きるべきか」という人生の根本問題を
 深く考えるきっかけにしていただくことを願い、語ったものです。

 国家の経世のみならず、企業の経世においても「人物が育つ」とい
 うことが最重要であります。

 志ある者が、たとえ微力でも力を尽くすべきだと思い、本書を上梓
 した次第であります。




◆本日のオススメ!


人物をつくる―真のリーダーに求められるもの (PHP文庫)
人物をつくる―真のリーダーに求められるもの (PHP文庫)北尾 吉孝

PHP研究所 2007-10



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆アマゾンの内容紹介から ↓

平成11年4月、わずか55名でスタートしたソフトバンクグループの子会社が、
わずか4年という短期間で、従業員数1375名の独立企業にまで急成長を遂げた。

衰退著しい金融業界において、なぜこれほどの成功を収められたのだろうか?

本書では、企業の成長・発展には「人づくり」が不可欠であると語る著者が、
中国古典をはじめとする先哲たちの教えを交え、人材育成の要諦を説いた。

●「熱意を持つ」
●「誠実さを持つ」
●「使命感を持つ」
●「人情の機微を知る」
●「義侠心を持つ」
●「感謝の心を持つ」
●「強運ということ」
●「何のために働くのか?」など、

人生をとことん深堀する"北尾流"の哲学は、どんな困難がおきても決して
ぶれない、生き方の指針を与えてくれる。

「日本の伝統的精神が失われつつある」と危惧する、金融界の風雲児が、
混迷を極める日本のリーダー達に向けて熱く語った、魂の講話集。

指導者の資質から心構えにいたるまで、次世代を担うリーダー必読の一冊。



◆目次メモ


第1部 講話篇
 惜命―生命への深い愛惜の念
  生の意識、死の意識
  寿命を見つめるということ
  無常観のなかでの生き方
  生き続けることへの思い
  体験を通じて身になるもの
  時間を惜しみ、天命に向かう
  「任天」「任運」という境地
  生命への深い愛惜の念

 仕事観―艱難辛苦に感謝する心
  職場で感じる「生き甲斐」
  「天啓」が与えられるとき
  無我無心の「三昧」の境地
  「新しい世界」に飛び出す
  「壺中の天」を見出す
  無限の世界が広がる「縁」
  「心の起き場所」を変える
  「仕事を楽しむ」の境地
  「艱難辛苦」に感謝する心

 指導者―求められる人間的魅力
  指導者の人間的魅力とは
  第一の条件 熱意を持つ
  第二の条件 誠実さを持つ
  第三の条件 使命感を持つ
  第四の条件 人情の機微を知る
  第五の条件 義侠心を持つ
  第六の条件 感謝の心を持つ
  第七の条件 強運ということ
  真の指導者たる人物とは
  自若たる「死生観」を持つ
  確固たる「人生観」を持つ

第2部 訓話篇
 歴史の教訓に学ぶ−バブル崩壊と大デフレ
 「後発の利」との闘い−中国のWTO加盟にあたって
 「イノベーター」の精神−さらに厳しい時代を迎えて
 「大義名分」と「タイミング」−意思決定の心構え
 「大きな経済」と「小さな経済」−アジアが成長する背景
 「経営者の器」とは何か−松下哲学に学ぶ
 企業の発展を支えるもの−徹底した使命感
 世界経済の枠組みが変わるとき−ドル安、ユーロ高が起こる要因
 デフレ社会における戦略観−経済を見る目を養う
 「人生の計」を立てる−人生を磨くための方法
 「活学」を得る−東洋の智恵と日本の精神

◆著者の履歴 北尾吉孝[キタオヨシタカ])


951年、兵庫県生まれ。74年、慶應義塾大学経済学部卒業。
同年、野村證券入社。78年、英国ケンブリッジ大学経済学部卒業。
92年、野村證券事業法人三部長。95年、孫正義社長の招聘により
ソフトバンクに入社。
現在、SBIホールディングス株式会社代表取締役執行役員CEO。


◆パワーブロガーの『書評』はコチラ


>> 【どう生きるか】人物をつくる|ほぼ日blog〜通勤読書で継続力を高めよう!〜

私は北尾さんの本を初めて読みましたが、とてもイメージが変わりました。

バリバリの証券マン上がりで、堅物の社長というイメージでしたが・・・

とても勉強家で、温かみのある言葉を持つお方、というのが、本を読んだ後の印象です。

「惜命」命を惜しむこと

死を意識するからこそ、生が充実する。

子曰く「未だ生を知らず、いずくんぞ死を知らん」です。

昨日の「菊と刀」 では、欧米と日本の死生観の違いも述べていました。

死後の世界、天国と地獄に対して、日本人はあまり関心がない。

確かに、あまり普段から意識することはないな、と思います。

だから、死というものに向き合ったとき、強く生を意識するのだと思います。

北尾さんは、それをお父様の死を以って実感されたそうです。

私も、家族の死に直面した際、無常観を抱きました。

「これからの人生をどのように生きるかということが、人生の極めて大事な課題」

・・・・



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


人気ブログランキングへ ■感謝!

◆他のオススメ本はコチラ


何のために働くのか
何のために働くのか北尾 吉孝

致知出版社 2007-03



Amazonで詳しく見る
by G-Tools


君子を目指せ小人になるな―私の古典ノート
君子を目指せ小人になるな―私の古典ノート北尾 吉孝

致知出版社 2009-01



Amazonで詳しく見る
by G-Tools


では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★出版を目指す方へのオススメ はコチラ ↓


=================================
 ベストセラー ビジネス書作家 水野俊哉主催

 「出版セミナー 理論編」が、ついに音声ファイル化 !
 
〜 聞いた人の出版が続々と相次ぐ 伝説の出版セミナーとは!? 〜
 
  全国500名以上が受講し、書籍化され大ヒット! 
  
 小人数制ゼミからも15名が出版デビューしている伝説の講義がついに音声化!
==================================
  
「水野俊哉のベストセラービジネス書がすらすら書けるセミナー理論編」(収録3時間)

==================================
  ◆出版セミナー 理論編 音声ファイル お申し込み はコチラ ↓

  お申し込みフォーム  http://form.os7.biz/f/940f0f0d/
 
  お問い合わせ セミナー事務局 happynews@live.jp (金子)まで
=================================

★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 ジャンル別:3位!  にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 ジャンル別:40位  人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ジャンル別:3位! 


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 05:00| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生論・教訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする