2018年12月21日

『短い時間で面白いほど結果が出る! 他人の頭を借りる超仕事術』臼井由妃/ 青春出版



『短い時間で面白いほど結果が出る! 他人の頭を借りる超仕事術』 → https://t.co/PUYdVSgxwg

『短い時間で面白いほど結果が出る! 他人の頭を借りる超仕事術』 はコチラの画像をクリック




「働き方改革」が叫ばれているなか、
仕事の効率を上げるには、
従来の「ムダな仕事を減らす」という
マイナス発想だけでは状況は好転しません。

「人に任せる、知恵袋を増やす=他人の頭を借りる」
というプラス発想が必要。

あなたは仕事の2割に集中すると、
あとは勝手にまわりだす!

人を巻き込むほど大きなチャンスが生まれるヒント集。

どんなに忙しくても仕事に追われることなく、
短期間で成果を出す人が無意識にやっている方法とは?

それが成功者の8:2の法則。

自分は最も価値の高い2割の仕事に集中し、
残りの8割は力を借りられる人を探す、
知恵袋を増やす、他人の頭を借りる…。

従来の「仕事の無駄を減らす」マイナス発想だけでなく、
「人を巻き込むほど好循環を生む」プラス発想から生まれた、
働き方のヒント。


目次
第1章 面白いほど結果が出る人は、任せ方が違う―「自分でやったほうが早い」と一人が頑張る落とし穴
     一人で頑張っても成果は出ない;
     「自分でやったほうが早い」と思っていませんか ほか

第2章 まず、「自分の棚卸し」で、あなたにしかできない2割の仕事を見出す―「丸投げ」と「仕事のブレ」を防ぐ5つのステップ
     どこまで任せるかで、自分の問題点が見えてくる;
     「自分棚卸し」であなたの生産性をチェックしよう ほか

第3章 仕事の8割は、こうして人に任せなさい―他人の頭と時間を上手に借りるちょっとした工夫
     他人の頭を貸し借りしないのは、時間・労力・人脈のロス;
     「プレイヤー」ではなく「プロデューサー」になる ほか

第4章 人を巻き込むほど、より大きなチャンスをつかめる!―まわりから「応援される人」の共通点
     相乗効果ですべてがうまく回りだす「巻き込み力」;
     トップ営業マンは「ジジイキラー」 ほか

第5章 最短で最大の成果を上げる自分マネジメント術―「時間」「お金」「情報」「人脈」の密度を高めるコツ
     自分の「時間価値」以上の仕事をしてレベルアップする;
     情報は、捨てることを前提に集める ほか

著者紹介
臼井由妃[ウスイユキ]
1958年東京生まれ。ビジネス作家、エッセイスト、講演家、経営者。
33歳で結婚後、病身の夫の跡を継ぐ形で専業主婦から経営者に転身。
幼少期より吃音症を患い対人恐怖症に陥るも克服し、講演活動を積極的に行っている。
理学博士号(「Ph.D.」)・MBA・行政書士・宅地建物取引士などを短期で取得。
現在、熱海市観光宣伝大使としても活躍中。
posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 00:01| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

『余計なことはやめなさい! ガトーショコラだけで年商3億円を実現するシェフのスゴイやり方』氏家健治



『余計なことはやめなさい! 』 → https://amzn.to/2G0re7P

『余計なことはやめなさい! ガトーショコラだけで年商3億円を実現するシェフのスゴイやり方』氏家健治/集英社 はコチラの画像をクリック




【こんなことを「やめて」みました】

★ディナーをやめたら、倒産回避!

★ランチとカフェをやめてガトーショコラ専門店にシフトしたら年商4700万円!

★ネット通販をやめたら、年商1億500万円!

★シェフ業をやめて店の経営に専念したら、年商3億円!


余計なことをやめるたびに、事業も収益もどんどんUP!

いったい何をやめるのか? やめ方、やめどき、

やめる代わりに「強化すべきこと」、

実践してうまくいったノウハウを、

本書ですべて明かします!

あなたも、まず何か1つ、捨ててみませんか?


【目次】

序 章 忙しすぎて、儲けることをおろそかにしていませんか?

第1章 余計なことをやめるたびに、会社が大きくなった

第2章 余計なことをやめたら、こんなにいいことがあった

第3章 「余計なことをやめる」代わりに、ますます強化すべきこと

第4章 「余計なことのやめ方」にはコツとタイミングがある

第5章 ブランドは、余計なものを捨てた先にある

終 章 人の役に立とう


【著者プロフィール】

氏家健治(うじいえ けんじ)

「ケンズカフェ東京」オーナーシェフ。

1968年東京生まれ。ホテルオークラ東京、赤坂アークヒルズクラブ、

レストランマエストロ等、高級店で研鑽を重ね、

調理および製菓・製パンの技術を体得する。

1998年、東京・新宿御苑前に「ケンズカフェ東京」を開店。

現在はファミリーマートのスイーツ監修をはじめ

ライセンスビジネスも展開する。

また経営者・起業家向けのビジネス講演会も

日本全国で多数おこなっている。

著書に『1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ』(SB新書) 。
posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 00:01| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

『場を支配する「悪の論理」技法』とつげき東北




『場を支配する「悪の論理」技法』とつげき東北/フォレスト出版 はコチラの画像をクリック




【内容紹介】

誰が相手でも必ず勝てる。ビジネスと人生に使える知の覚醒書。

哲学や論理学の知識及び読解力を高め、社会で通用する一流の思考法

「批判ばかりせず、対案を出してくれ」
「自分で選んだ道だろう? 自己責任だ」

「ウチの会社に不満があるなら、辞めればいい! 」
「騙されたと思ってやってみてよ。体験すればきっとわかる」

そんな相手の低レベルな放言で思考停止したことはないだろうか?

あるいはそれで論破したつもりになっていないだろうか?

こういった言葉は、割と頻繁に使われる。

どうもおかしい、何か言い返したいが、うまくいかずモヤモヤする。

こうした怪しげなコトバに惑わされて悩む読者、論理をうまく操れない人、
知識が不足している人、直観力に優れない人は、人生でいろいろな失敗をしてしまう。

他人とすぐに対立したり、上司の理不尽な指示にイライラしたり、
行きたくもない会社の飲み会を断れず、ストレスをため込んでしまう。

本書では、世にはびこる論理と非論理、その裏側を詳らかにすることで、以下について解説する。

■誰が相手でも必ず勝てる議論のテクニック

■相手の論理破綻や詭弁を見破る、あるいはそれを使うテクニック

■どんな理不尽なことも笑って受け流せるセンスと精神的余裕

■相手をコントロール下に置くための権力を手に入れる方法…etc.

悪の論理とは? それを防ぐ、あるいは使う方法とは?

「間違っているが、一見正しい論理」のこと。

【例/頭の回転】

「地頭」と同義。
凡人が、知識の量的差異を埋められないことに気づいた相手に、
質的差異をアピールするために持ち出す概念。

こうした言葉や論理の裏側に自覚的になり、
他人から押し付けられる悪の論理を喝破することで、
おかしな意見から身を守ることができる。

それどころか、
逆に自分が悪の論理を使いこなして他人を操ることができれば、
圧倒的に有利な立場に立つことができる。

「普通」の論理学関連本では絶対に身につかない、
「使える」論理と非論理の解説書。

◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございました。


 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ 人気ブログランキングへ ■感謝!

では、また。



◆ビジネス本でバージョンアップ2.0をお読み頂きありがとうございます。



★本日のブログランキング情報


 応援ポチ、ありがとうございます! 感謝!


 【日本ブログ村】 本ブログ > ビジネス書 にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← 応援ポチはコチラ

 【人気ブログランキング】  生活・文化 > 本・読書 人気ブログランキングへ ← 応援ポチはコチラ

 【blogramブログ】 趣味と教養 > 読書 > ビジネス書 ← 応援ポチはコチラ


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 00:01| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする