2019年10月30日

『ビジネス現場で即効で使える 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550』岡田兵吾


『ビジネス現場で即効で使える 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550』 はコチラの画像をクリック




【内容紹介】


発売即重版! 9/4発売前から大反響!! ずっと売れてます!!

★Amazonカテゴリー「ビジネス英語一般」部門「1位」継続中! (2019年8月31日~)*驚異の8週連続へ‼

★Amazonカテゴリー「ビジネス英文レター・Eメール」部門「1位」継続中! (2019年9月3日~)*驚嘆の7週連続へ!

アクセンチュア、デロイト、マイクロソフトで
23年間、外国人だらけの環境で習得した
「武器」としての「超入門ビジネス英語」

使えるフレーズを知っているだけで、
英語での会話がラクになる!

ネイティブと対峙しても、
「こんなとき、なんて言えば……?」がなくなる
「最強英語フレーズ550」を紹介!

■非ネイティブのビジネス英語・絶対ルール■
1.使えるフレーズを多用し、
2.ポジティブで丁寧な言い回しをする


日常生活で話す場面では問題のない英語でも、
ビジネスシーンで使うには、「完全にアウト! 」
だということがわかっていただけたのではないでしょうか。

このように、ビジネス英語では、「話せない」こととは別に、
日常会話レベルの英語をそのまま使うことで、
ビジネスで損をしている場合があります。

これら2つの問題を本書で一挙に解決することができます。

「こんなとき、なんて言えば……」と言葉に詰まることなど、日常茶飯事。

気にすることはありません。

ネイティブは非ネイティブに対し、
英語ができないからと排除するようなことはしません。

ただ、残念な英語を使っていることで、
印象を悪くしているのは事実です。

そんなよくあるシーンに効果的に使えるフレーズを
一挙に紹介していきます。

【目次】

第1章 日本人が思い込んでいる英語に対する5つの誤解
第2章 非ネイティブエリートが心がけている「伝わる英語」の極意
第3章 どんなに口ベタでもネイティブと堂々と話せる
――自然と会話がつながる49のキーフレーズ
第4章 相手を不快にさせずに言いたいことがきちんと伝わる
――泣き寝入りをしなくて済む40のキーフレーズ

【著者】

岡田兵吾(おかだ・ひょうご)
マイクロソフト シンガポール アジア太平洋地区ライセンスコンプライアンス本部長
同志社大学工学部卒業後、アクセンチュア、デロイトコンサルティング、
マイクロソフトのグローバル企業3社にて、シンガポール、アメリカ、日本の3カ国を拠点に23年間勤務。
グローバルコンサルタントのパイオニアとして、
これまで、アクセンチュア時代には11か国の外国人コンサルタントを率いてグローバルプロジェクトを推進。
海外勤務歴17年、クビも日常茶飯事の超実力主義トップグローバル企業にて、
アジア責任者として、15か国以上の多種多様な外国人プロフェッショナルたちをマネージしながら、
アジア全域の新事業開発および業務変革に従事する。
かつては、売上ゼロが1年2か月も続いた時期もあったが、クビにならないために、
非ネイティブの英語術を学んだ結果、コミュニケーションが抜群にうまくいき、
初案件を勝ち取る。
現在、マイクロソフト アジア太平洋地区ライセンスコンプライアンス本部長として、
日本・韓国・オーストラリア・ニュージーランドの4か国のライセンス監査業務の責任者を務める。
さらに各種コンプライアンスプログラムのアジア責任者も兼任し、
アジア全域のコンプライアンス対策およびデジタル変革を推進。
また同社にて、アジア全域の働き方改革や国内外の大学・非営利団体でのリーダーシップ活動を評価され、
数々の社内アワードを受賞する。
世界トップレベルの IEビジネススクール・エグゼクティブMBA取得。
米国PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)認定資格保持。

著書に『すべての仕事を3分で終わらせる 外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術』(ダイヤモンド社)がある。
posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 00:01| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

長寿への道!死のタイマー「テロメア」の長さを「遺伝子操作なし」で2倍にしたマウスが誕生 | ナゾロジー


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 00:01| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

ちょっと残念!「格落ちした日本 - 前回の即位礼と比べて外国賓客が横並びで格下げ」


posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 11:07| Comment(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

『老いの重荷は神の賜物』樹木希林



『老いの重荷は神の賜物』 はコチラの画像をクリック




【内容紹介】

昨年9月の訃報から1年。

今なお愛され続ける個性派女優の本音トークをまるごと収録。

「全身がんに冒されて」「老いとのつきあい方」「女優として」「衣食住」etc…。

希林流があふれる洒脱な人生読本。生きるヒント満載!

【目次】

プロローグ 朗読『最上のわざ』
第1章 長岡輝子さんと『最上のわざ』
琵琶と私と妹
映画『ツナグ』と『最上のわざ』
養老院で見た長岡さん
宮澤賢治のふるさとで
第2章 老いの重荷は神の賜物
私と病気
がんになって思うこと
全身がんと生きる
私のまわりのがん患者たち
病気は神からの賜物
第3章 女優の道を歩んで
自分の身体をとことん使う
自分をさらけだす仕事に
第4章 私の「衣・食・住」雑感
「衣・食・住」のこだわり
正岡子規の食日記
第5章 これからの私
折口信夫と私たちの神さま
ひとりの日本人として
第6章 質疑応答
第7章 杉村春子さんの思い出

【著者プロフィール】
樹木希林(きききりん)
1943年、東京都生まれ。女優。本名、内田啓子。
61年、文学座付属演劇研究所に一期生として入所後、悠木千帆の名で活動を開始。
杉村春子の付け人を経て、64年、テレビドラマ『七人の孫』で頭角を現わす。
70年、『時間ですよ』で注目を浴びると、74年、『寺内貫太郎一家』で演技派としての地位を確立。
77年、樹木希林に改名後も、存在感ある個性派女優として、映画、ドラマ、CF、ナレーションなど、第一線で活躍した。
映画での代表作は『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン』(日本アカデミー賞最優秀主演女優賞)、『悪人』(日本アカデミー賞最優秀助演女優賞)、『わが母の記』(日本アカデミー賞最優秀主演女優賞)、『あん』、『万引き家族』(日本アカデミー賞最優秀助演女優賞)など枚挙に暇がない。
08年に紫綬褒章、14年には旭日小綬章。61歳で乳がんを患い、その後、全身がんであることを公表した。
2018年9月15日、都内の自宅にて逝去。享年75。
夫は、ロック・ミュージシャンの故・内田裕也。娘はエッセイストの内田也哉子、娘婿は俳優の本木雅弘。

posted by かっちゃん2.0@名古屋 at 00:01| Comment(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする